超高安定性 干渉計 “GEMINI”

NIREOS

新商品

GEMINIは、入力光を2つのレプリカ間の時間遅延を制御することにより、比類のない精度と再現性を提供する究極の干渉計です。
FTIR分光計と同様に、同梱のドライバーおよびソフトウェアと組み合わせて使用して、フーリエ変換アプローチに基づいて入力光(コヒーレントまたはインコヒーレント光源)のスペクトルを測定できます。

GEMINIは、入力光を2つのレプリカ間の時間遅延を制御することにより、比類のない精度と再現性を提供する究極の干渉計です。
FTIR分光計と同様に、同梱のドライバーおよびソフトウェアと組み合わせて使用して、フーリエ変換アプローチに基づいて入力光(コヒーレントまたはインコヒーレント光源)のスペクトルを測定できます。

 

  • 特許取得済みのコモンパス構造により、頑丈で堅牢及び振動の影響を受けません。
  • アライメント済みの為、既存のセットアップに簡単に取り付け可能でターンキーにてご使用いただけます。特別な光学調整手順の必要はありません。
  • コンパクト(接地面:176mm x 44mm)及び、軽量(約0.4kg)
  • 350-2300nmの幅広いスペクトルレンジ、オプションにて250-3500nmまでのエクステンドも可能。
  • 無制限のスペクトルバンドを連続スペクトルとして提供。
  • グレーティングも入力/出力スリットも無い、1cmのクリアーアパーチャーによって、高スループット実現。
  • スキャンレンジとスペクトル範囲をユーザーにて設定可能。
    ユーザーは初期のスペクトラルを確認するため迅速な測定からスタートし、データ取得時間を延長してSN比を上げ、スペクトル分解能を1nmまで下げることが可能。
    ※モデルと波長に依ります。
  • ドライバーを含めた完全な一体型。
  • 世界中迅速なサポートを約束します。

 

NIREOS社製 超高安定性 干渉計 “GEMINI” を用いたアプリケーションのご紹介

– 小型干渉計 “GEMINI” を用いた時間分解蛍光スペクトル測定
– 白色光源と小型干渉計 “GEMINI” を用いたEEM測定

時間分解蛍光スペクトル(TRES)

励起-蛍光スペクトルマッピング(EEM)

干渉計動作原理

バージョン S L
スペクトル範囲 400nm – 2300nm (標準)
250nm – 3500nm (超広帯域)500nm-4200nm
(要求に応じて)
400nm – 2300nm (標準)
250nm – 3500nm (超広帯域)
500nm-4200nm (要求に応じて)
スペクトル分解能
@lambda=600nm
1.4 nm
(詳細はカタログを参照して下さい。)
0.7 nm
(詳細はカタログを参照して下さい。)
最大遅延
@lambda=600nm
-100 fs ~ +700 fs -100 fs ~ +2 ps
遅延安定性 1 アト秒以上 1 アト秒以上
動作モード ステップ スキャン
(ソフトウェア経由で各遅延のための滞留時間が選択可能)
ステップ スキャン
(ソフトウェア経由で各遅延のための滞留時間が選択可能)
寸法 接地面:176mm x 44mm , 高さ:54.5mm 接地面:176mm x 44mm , 高さ:54.5mm
重量 約 400g 約 400g
TOPに戻る