超高安定性 干渉計 “GEMINI”

NIREOS

GEMINIは、入力光を2つのレプリカ間の時間遅延を制御することにより、比類のない精度と再現性を提供する究極の干渉計です。
FTIR分光計と同様に、同梱のドライバーおよびソフトウェアと組み合わせて使用して、フーリエ変換アプローチに基づいて入力光(コヒーレントまたはインコヒーレント光源)のスペクトルを測定できます。

GEMINIは、入力光を2つのレプリカ間の時間遅延を制御することにより、比類のない精度と再現性を提供する究極の干渉計です。
FTIR分光計と同様に、同梱のドライバーおよびソフトウェアと組み合わせて使用して、フーリエ変換アプローチに基づいて入力光(コヒーレントまたはインコヒーレント光源)のスペクトルを測定できます。

 

  • 特許取得済みのコモンパス構造により、頑丈で堅牢及び振動の影響を受けません。
  • アライメント済みの為、既存のセットアップに簡単に取り付け可能でターンキーにてご使用いただけます。特別な光学調整手順の必要はありません。
  • コンパクト(100mm x 110mmのフットプリント)及び、軽量(約0.4kg)
  • 350-2300nmの幅広いスペクトルレンジ、オプションにて250-3500nmまでのエクステンドも可能。
  • 無制限のスペクトルバンドを連続スペクトルとして提供。
  • グレーティングも入力/出力スリットも無い、1cmのクリアーアパーチャーによって、高スループット実現。
  • スキャンレンジとスペクトル範囲をユーザーにて設定可能。
    ユーザーは簡易的な測定からスタートし、スペクトルを確認後、データ取得時間を延長してSN比を上げ、スペクトル分解能を1nmまで下げることが可能。
    ※モデルと波長に依ります。
  • ドライバーを含めた完全な一体型。
  • 世界中迅速なサポートを約束します。

 

GEMINI for Time Resolved Fluorescence Emission Spectra (TRES)

GEMINI for Excitation-Emission Maps (EEM)

model S L
SPECTRAL RANGE 250nm – 3500nm (500-4200nm on request) 250nm – 3500nm (500-4200nm on request)
MAX DELAY @ lambda=600nm for the SYMMETRIC version from -400 fs to +400 fs from -1050 fs to +1050 fs
MAX DELAY @ lambda=600nm for the ASYMMETRIC version from -100 fs to +700 fs from -100 fs to +2 ps
Delay Stability Better than 1 attosecond Better than 1 attosecond
Modes of operation Continuous Scan or Step Scan (in this case, the user can select the dwell time for each delay via software) Continuous Scan or Step Scan (in this case, the user can select the dwell time for each delay via software)
Dimensions 100mm x 110mm footprint, 65mm height 100mm x 110mm footprint, 65mm height
Weight Approx. 400grams Approx. 400grams
TOPに戻る