超高安定性・二次元分光干渉計 “GEMINI 2D”

NIREOS

新商品

イタリアのNIREOS社のGEMINI-2Dは、過渡吸収分光測定を最先端の2次元分光装置に変換します。
GEMINI 2Dはコンパクトで非常に安定的に使用できる干渉計であり、フェムト秒レーザーパルスの2つの同一線上で位相ロックされたレプリカを生成し、比類なき安定性と堅牢性を備えています。

イタリアのNIREOS社のGEMINI-2Dは、過渡吸収分光測定を最先端の2次元分光装置に変換します。
GEMINI 2Dはコンパクトで非常に安定的に使用できる干渉計であり、フェムト秒レーザーパルスの2つの同一線上で位相ロックされたレプリカを生成し、比類なき安定性と堅牢性を備えています。
 

  • 吸収スペクトルの為の、ポンプ-プローブジオメトリ
  • UVから近赤外までの任意の波長範囲で、入力として様々なウルトラファーストアンプシステムや光パラメトリックアンプシステム(OPAやNOPA)をサポートします。
  • コンパクト(180mm x 180mmのフットプリント)及び、軽量(約0.4kg)
  • 既存のポンププローブ光学系に簡単に結合できる、簡単な調整と堅牢なアッセンブリ。
  • 特許取得済みの共通パスジオメトリにより、振動に強い設計。1アト秒よりも高い精度でパルス遅延の制御と再現性を保証。
  • グレーティングも入力/出力スリットも無い、1cmのクリアーアパーチャーによって、高スループット実現。
  • スキャンレンジとスペクトル範囲をユーザーにて設定可能。
    ユーザーは簡易的な測定からスタートし、スペクトルを確認後、データ取得時間を延長してSN比を上げ、スペクトル分解能を高めることが可能。
  • ドライバーを含めた完全な一体型。
  • 世界中迅速なサポートを約束します。
バージョン S L
スペクトル範囲 400nm – 2300nm (標準)
250nm – 3500nm (超広帯域)
400nm – 2300nm (標準)
250nm – 3500nm (超広帯域)
最大遅延 @ lambda=600nm 対称バージョン向け -400 fs ~ +400 fs -1050 fs ~ +1050 fs
最大遅延 @ lambda=600nm 非対称バージョン向け -100 fs ~ +700 fs -100 fs ~ +2 ps
遅延安定性 1 アト秒以上 1 アト秒以上
動作モード ステップ スキャン
(ソフトウェア経由で各遅延のための滞留時間が選択可能)
ステップ スキャン
(ソフトウェア経由で各遅延のための滞留時間が選択可能)
寸法 接地面:180mm x 180mm ,
高さ:90mm
接地面:180mm x 180mm ,
高さ:90mm
重量 2 kg 2 kg
TOPに戻る