超高安定性・二次元分光干渉計 “GEMINI 2D”

NIREOS

新商品

イタリアのNIREOS社のGEMINI-2Dは、過渡吸収分光測定を最先端の2次元分光装置に変換します。
GEMINI 2Dはコンパクトで非常に安定的に使用できる干渉計であり、フェムト秒レーザーパルスの2つの同一線上で位相ロックされたレプリカを生成し、比類なき安定性と堅牢性を備えています。

イタリアのNIREOS社のGEMINI-2Dは、過渡吸収分光測定を最先端の2次元分光装置に変換します。
GEMINI 2Dはコンパクトで非常に安定的に使用できる干渉計であり、フェムト秒レーザーパルスの2つの同一線上で位相ロックされたレプリカを生成し、比類なき安定性と堅牢性を備えています。
 

  • 吸収スペクトルの為の、ポンプ-プローブジオメトリ
  • UVから近赤外までの任意の波長範囲で、入力として様々なウルトラファーストアンプシステムや光パラメトリックアンプシステム(OPAやNOPA)をサポートします。
  • コンパクト(180mm x 180mmのフットプリント)及び、軽量(約0.4kg)
  • 既存のポンププローブ光学系に簡単に結合できる、簡単な調整と堅牢なアッセンブリ。
  • 特許取得済みの共通パスジオメトリにより、振動に強い設計。1アト秒よりも高い精度でパルス遅延の制御と再現性を保証。
  • グレーティングも入力/出力スリットも無い、1cmのクリアーアパーチャーによって、高スループット実現。
  • スキャンレンジとスペクトル範囲をユーザーにて設定可能。
    ユーザーは簡易的な測定からスタートし、スペクトルを確認後、データ取得時間を延長してSN比を上げ、スペクトル分解能を高めることが可能。
  • ドライバーを含めた完全な一体型。
  • 世界中迅速なサポートを約束します。
model S L
SPECTRAL RANGE 250nm – 3500nm 250nm – 3500nm
MAX DELAY @ lambda=600nm for the SYMMETRIC version from -400 fs to +400 fs from -1050 fs to +1050 fs
MAX DELAY @ lambda=600nm for the ASYMMETRIC version from -100 fs to +700 fs from -100 fs to +2 ps
Delay Stability Better than 1 attosecond Better than 1 attosecond
Modes of operation Continuous Scan or Step Scan (in this case, the user can select the dwell time for each delay via software) Continuous Scan or Step Scan (in this case, the user can select the dwell time for each delay via software)
Dimensions 180mm x 180mm footprint, 90mm height 180mm x 180mm footprint, 90mm height
Weight 3 kg 3 kg
TOPに戻る