ORIGAMI IRO フェムト秒光パラメトリックアンプ(OPA)システム

NKT Photonics

新商品

ORIGAMI IROは、費用対効果の高いフェムト秒レーザーと光パラメトリック増幅器(OPA)で構成され、広い波長可変域をもつチューナブル・フェムト秒レーザーシステムです。空冷式ORIGAMI XPの優れたビームポインティング安定性とコンパクトさ、およびORIGAMI IROの環境安定性の高い完全自動化OPA技術を兼ね備えています。

ORIGAMI IROは、費用対効果の高いフェムト秒レーザーと光パラメトリック増幅器(OPA)で構成され、広い波長可変域をもつチューナブル・フェムト秒レーザーシステムです。空冷式ORIGAMI XPの優れたビームポインティング安定性とコンパクトさ、およびORIGAMI IROの環境安定性の高い完全自動化OPA技術を兼ね備えています。

費用対効果の高いフェムト秒レーザー&OPA

NKT Photonics社のORIGAMI IROは、210 nmから最大11 µmまでの広いチューニング域と、数µJエネルギーのフェムト秒パルスを出力する高度な光パラメトリックアンプ(OPA)です。
 

高い安定性と信頼性

OPAは空冷式の一体型密封パッケージです。ポンプレーザー ORIGAMI の高いポインティング安定性との組み合わせで、優れた長期間安定性とメンテナンスフリー操作を可能にしています。
 

完全自動&アライメントフリー

ORIGAMI IROは210nm~11 µmの広い波長範囲をカバーし、さらに波長チューニング機能により実験を容易に自動化できます。
 

使い易いソフトウェア&ハードウェアデザイン

外部のビームルーティングや波長分離は不要です:ORIGAMI IROには波長チューニング機能と自動波長分離機能が搭載されており、すべての波長でビーム位置とポインティング方向が一定に保持されます。
 

内蔵モニタリング機能&PCコントロール

内蔵のレーザー診断機能とデータロギングにより、パフォーマンスの最適化と容易なトラブルシューティングを可能にしています。またPC統合により、ラボでのコントロールを簡素化できます。
 

特長

  • ポンプエネルギー:8~75 µJ
  • 完全空冷
  • 波長可変域:210 nm to 11 µm (UV, VIS, IR)
  • 繰返し周波数:シングルショット to 600 kHz
  • 完全自動&完全PC制御
  • センシティブな部品の密封筐体により長寿命&高安定性
  • プログラミングが容易な標準コマンドセットによるTCP/IPリモートコントロール
  • 連続稼働のパフォーマンスモニタ機能搭載(レーザー、OPA)
  • SHGビーム(緑色光)生成用ビームバイパス
  • 全波長(UV/VIS/NIR)を単一アパーチャから出射
  • 業界随一の高いビームポインティング安定性(全波長)で、実験セットアップのアライメントを保持
  • 高いエネルギー&光パワー安定性:長時間のデータ収集に対応
  • 標準IR光バイパス:パワー設定可能、同時出力機能

カスタマイズ・オプション

  • ポンプレーザー aeroPULSE fs 使用:最大ポンプパワー 50 W
  • パルス同期機能
  • 繰返し周波数:数 MHz
  • 単一レーザー駆動 デュアルOPA
  • 短パルス発振:最短 < 40fs
  • 内蔵分散補償
  • 光学材料やデバイスの特性評価
  • フェムト秒ポンプ-プローブ分光
  • 時間分解分光
  • フォトルミネッセンス(TR3, TRPES, TRPL)
  • 光電子光イオン同時分光法(PEPICO)
  • コヒーレント反ストークスラマン分光法(CARS)
  • 2次元赤外分光法(2D-IR)
  • テラヘルツ光研究
  • 非線形顕微鏡

ポンプレーザー

光学仕様
入力レーザータイプ ORIGAMI XP or XPS (aeroPULSE FS20/60 カスタム対応可能)
入力パワー 4 or 5 W
入力エネルギー 8 – 75 µJ
入力中心波長 1030 nm
入力偏光 Linear
繰返し周波数 Up to 600 kHz (2 MHz by custom request)
パルス幅 < 400 fs (代表値 350 fs)
寸法 677 mm x 163 mm x 447 mm (オプションにより異なる)
電力 100-240 V, 50-60 Hz, max. 100 W

本体の主な仕様

変換効率, ピーク時 12 %, Signal + Idler
時間バンド幅積(TBP) < 1
パルス幅 < 200 fs
出力バンド幅 70 – 120 cm-1 (代表値)
偏光 210 nm – 2600 nm: 横偏光
IR extension: 縦偏光
パフォーマンスモニタ 連続稼働機能内蔵:ポンプレーザーとOPAの両状態を連続モニタリングおよびデータロギング (例 ビーム位置/ビームポインティング, 繰返し周波数, パルスエネルギー)
波長補正 工場出荷時補正, ± 2 nm at 650 – 950 nm
ビームルーティング&分離 機能搭載, 完全自動
機械設計 一体型 OPA および UV/VISオプション; IRオプション(別個); レーザー(別個)
冷却 空冷; OPA &レーザー
ソフトウェア, PC, 自動化 付属 (内蔵PC)
遠隔操作 PTCP/IP (SCPIコマンドセット)で可能, Windowsリモートデスクトップ
寸法 677 mm x 163 mm x 447 mm (オプションにより異なる)
電力 100-240 V, 50-60 Hz, max. 100 W
チューニングレンジ Base Unit:630 – 2600 nm
UV/VIS Extension (オプション):210 – 630 nm
IR Extension (オプション):< 11 µm

パフォーマンスデータ

パルスエネルギー vs. 波長例 (ポンプエネルギー 40 µJ)

出力スペクトル例 (ポンプエネルギー 40 µJ)

パルス幅例 (拡張オプション含む, ポンプパルス幅 <400fs)

メインOPAのパルス幅例 (ポンプパルス幅 <400fs, ポンプエネルギー 40 µJ)

パルスエネルギー長時間安定性例

TOPに戻る