クロスコリレータ SEQUOIA

Amplitude Technologies

市販品で最高のダイナミックレンジを持つ3次フェムト秒クロスコリレーター。高ピークパワー・フェムト秒レーザーシステムのレーザーパルス形状の厳密な制御に理想的。

市販品で最高のダイナミックレンジを持つ3次フェムト秒クロスコリレーター。高ピークパワー・フェムト秒レーザーシステムのレーザーパルス形状の厳密な制御に理想的。
  • 最先端技術によるパルス時間コントラスト計測
  • 日常使いのための堅牢な標準化ツール
  • ハイダイナミックレンジ > 109
  • CEAとの共同開発による定義・最適化用リファレンスツール
  • 幅広いレーザシステムに対応

Amplitude Technologies (アンプリチュード・テクノロジーズ)社のSequoiaは、超高速レーザーパルスの時間コントラスト測定用に設計されたフェムト秒クロスコリレータです。仏国CEAと共同開発された独自の計測ツールで、高磁場物理学用途をはじめとするフェムト秒レーザーシステムのレーザーパルス形状の厳密な制御に理想的です。

 

Sequoiaは現在市販されている中で最高のダイナミックレンジを持つ3次フェムト秒クロスコリレーターで、高ピークパワーレーザの特性評価を正確、簡単、確実に実行できます。プラズマ物理学やレーザー計測関連のアプリケーションで非常に有用です。

中心波長 800 ± 15 nm 1050 ± 15 nm
波長範囲 750 – 850 nm 1000 – 1150 nm
入力パルス幅 20 – 200 fs (FTL) 20 – 200 fs (FTL)
入力エネルギー 500 μJ 以上, パルス幅 30 fs 時 500 μJ 以上, パルス幅 30 fs 時
入力ビーム径 < 4 mm at 1/e2 < 4 mm at 1/e2
入力偏光 直線横偏光 直線横偏光
入力繰返し周波数 < 1 kHz < 1 kHz
ダイナミックレンジ > 10-9 > 10-9
トータルスキャンレンジ 570 ps 570 ps
スキャン時間分解能 < 20 fs < 20 fs
光時間分解能 < 120 fs < 120 fs
寸法 450 x 250 x 100 cm 450 x 250 x 100 cm
トレース測定例 ユーザーインターフェース
TOPに戻る