超ハイダイナミックレンジ・クロスコリレータ SEQUOIA HD

Amplitude Technologies

1013もの高いダイナミックレンジを達成3次フェムト秒クロスコリレータ。 特に高磁場物理学で一般に使用される高強度レーザーのパルス特性評価に極めて有用。

1013もの高いダイナミックレンジを達成3次フェムト秒クロスコリレータ
  • 最先端技術によるパルス時間コントラスト計測
  • 超高ダイナミックレンジ > 1013
  • 広いスキャンレンジ 最高 5.2 ns
  • 堅牢な光学・メカニカル設計
  • 使い易いインタフェース

Amplitude Technologies (アンプリチュード・テクノロジーズ)社のSequoia HDは、実績の高い同社のSequoia 3次フェムト秒クロスコリレータ の機能を拡張し、1013もの高いダイナミックレンジを達成したモデルです。最大13桁の自然放出と時間スケール 数ナノ秒の寄生パルスを検査でき、正確な時間的レーザーパルスプロファイルの測定に最も強力なツールです。 特に高磁場物理学で一般に使用される高強度レーザーのパルス特性評価に極めて有用です。

 

高度な光学・機械エンジニアリングにより、簡便で信頼性の高いオペレーションになっています。システムには効率的にデータ収集・分析を実行できる、パワフルでユーザーフレンドリーなインターフェースが搭載されています。

中心波長 800 ± 15 nm
波長範囲 750 – 850 nm
入力パルス幅 20 – 200 fs (FTL)
入力エネルギー 150 µJ 以上
入力ビーム径 7 mm at 1/e2
入力偏光 直線横偏光
入力繰返し周波数 < 1 kHz
ダイナミックレンジ > 1013
トータルスキャンレンジ 5.2 ns
調整可能ゼロ遅延, 時間範囲 2600 ps to + 600 ps | 1600 ps to + 1600 ps | 600 ps to + 2600 ps
スキャン時間分解能 < 16 fs
光時間分解能 < 100 fs
寸法 152 x 380 x 505 cm
コントラスト測定曲線例 ユーザーインターフェース
TOPに戻る