【アプリケーション】TEA CO2 レーザー応用例

PaR Systems

9~11 μm 中赤外領域の特性と、短パルス、高エネルギー、高繰返し周波数で多彩な用途で高速・高効率なプロセスが可能

9~11 μm 中赤外領域の特性と、短パルス、高エネルギー、高繰返し周波数で多彩な用途で高速・高効率なプロセスが可能

  • LIDAR
  • ワイヤ剥離
  • 金属処理
  • 非破壊検査
  • 高エネルギー物理
  • 塗料除去
  • モールドクリーニング

 

パルス CO2レーザーについて

CO2レーザーは、中赤外領域の 9~11µm から ±144ラインもの波長を出力できます。この波長帯は、ポリマー、有機素材、複合素材で高い吸収率がある一方、金属では反射率が高く、雲・霧・煙中は透過します。
PaR Systems社のCO2レーザーは、短パルス (50~150 ns)、高いパルスエネルギー (100mJ ~ 7J)、高繰返し周波数 (最高1000 Hz)、高いピークパワー (50MW) といった特長があります。

LIDAR

大気中の汚染物質、化学物質、有機物質の測定や、長距離リモートセンシングに有用です。特にsdilasers™ レーザーは高速チューニング機能付きで高精度な差分吸収ライダー (DIAL) に最適です。

関連製品

小型・高信頼性 TEA CO2レーザー

 

ワイヤ剥離

CO2レーザーで、ほとんどの絶縁材を選択的に剥離できます。金属では反射されるため、導線の損傷や熱伝導が無く、プロセス管理が容易で繰返し性に優れ、高い費用対効果が期待できます。メディカル分野での心律動&神経学分野にも応用可能です。

関連製品

小型・高信頼性 TEA CO2レーザー

 

金属処理

金属基板の対象物について、さびの除去や溶接の前処理を素早く簡単に行えます。CO2レーザーの波長は金属で反射されますので、基板に損傷を与えません。

関連製品

小型・高信頼性 TEA CO2レーザー
パルスTEA CO2レーザー&TE CO2レーザー

 

非破壊検査

レーザーを用いて混合部品の欠陥を非接触遠隔検査できます。広い入射角により複雑な湾曲部品でも可能です。特に CO2レーザーは、短パルス幅、 高エネルギー、高繰返し周波数で、これら検査に最適です。PaR Systems社のCO2レーザーは、ある大手航空機メーカーでの 80%もの航空機検査に採用され、5万個を超えるCFRP 飛行機部品を検査した実績があります。

関連製品

小型・高信頼性 TEA CO2レーザー

 

高エネルギー物理

レーザーを用いて混合部品の欠陥を非接触遠隔検査できます。広い入射角により複雑な湾曲部品でも可能です。特に CO2レーザーは、短パルス幅、 高エネルギー、高繰返し周波数で、これら検査に最適です。PaR Systems社のCO2レーザーは、ある大手航空機メーカーでの 80%もの航空機検査に採用され、5万個を超えるCFRP 飛行機部品を検査した実績があります。

関連製品

パルスTEA CO2レーザー&TE CO2レーザー

 

塗料除去

レーザーを用いると、環境に優しく、健康的な作業環境を保ちながら、金属・合成物からのコーティング剥離処理が可能です。特にCO2レーザーの波長は、塗料層で高い吸収率 (>90%) がある一方、金属基板での吸収がほとんど無く (<2%) 効率的に処理処理できます。

詳細情報

塗料剥離またはモールド・クリーニングにおけるTEA CO2 と NdYAG の比較

関連製品

小型・高信頼性 TEA CO2レーザー
パルスTEA CO2レーザー&TE CO2レーザー

 

モールド・クリーニング

CO2レーザーにより、環境に優しいインライン/オフライン・モールドクリーニングが可能です。高速、高効率で、ピンホールの詰りも効率良くクリーニングできます。また金型ではレーザー光は反射されますので、損傷や無用な過熱が生じません。

詳細情報

塗料剥離またはモールド・クリーニングにおけるTEA CO2 と NdYAG の比較

関連製品

小型・高信頼性 TEA CO2レーザー
パルスTEA CO2レーザー&TE CO2レーザー

TOPに戻る