材料プロセス用 ナノ秒DPSSレーザー

Photon Energy

ナノ秒レーザー加工、OEM組込みに最適。金属、プラスチック、セラミック、ガラスなど多彩な素材に適用できる高い平均出力:最大200W。1064 nm or 532 nm。繰り返し 1-100 kHz, CW

ナノ秒レーザー加工、OEM組込みに最適。金属、プラスチック、セラミック、ガラスなど多彩な素材に適用できる高い平均出力:最大200W。

 

Photon Energy(フォトンエナジー)社のLEO及びAQUILAは、ナノ秒パルスのダイオード励起固体レーザー(DPSSL)です。平均出力パワーは最大 200 Wです。材料プロセスに最適で、金属、プラスチック、セラミック、ガラスなど各種材料の穴あけ(ドリリング)、切断(カッティング)、彫版(エングレービング)、マーキングに好適です。

 

これらレーザーはシステム組込みが容易なOEMデバイスとして設計されており、信頼性が高く堅牢です。レーザパラメータは広いスケールで容易に調整でき、非常に柔軟性に優れています。例えばアニーリングマーキングと金属彫版はそれぞれ必要となるレーザーパラメータが著しく異なりますが、Photon Energy社のシステムならハードウェアを一切取り替えることなく、同じシステムで両加工に対応できます。

 

最大200Wの高い平均出力をもつAQUILAレーザーは、短いサイクル時間が同時に要求される大面積・大容量の加工に最適です。
一方LEOシリーズの最大出力パワーは 15 W で、高精細パターン成形など高い精度が要求されるアプリケーションに好適です。

1064 nm|120~200 W, AQUILAシリーズ

AQUILAシリーズは過酷な環境下での使用を想定して開発されたナノ秒DPSSレーザ(DPSSL)で、非常に堅牢です。平均出力が 120W または 200W と高く、特に短時間に大面積・大容量を加工するような材料プロセスに適しています。
ランプ励起レーザーと比較して、ビーム品質、パルス繰返し周波数、パルスエネルギーのバランスが際立って優れています。さらにレーザパラメータは広いスケールで変更できます。パルス繰返し周波数と、それに応じてパルスエネルギーを調整できるため、AQUILAの広い平均出力範囲を余すことなく活用できます。


応用例

モデル AQUILA 120 AQUILA 200
レーザータイプ Nd:YAG; λ= 1064 nm Nd:YAG; λ= 1064 nm
最大平均出力 120 W 200 W
パルスピークパワー, Nd:YAG 200 kW
@3 kHz
350 kW
@3 kHz
パルスピークパワー, Nd:YVO4
周波数範囲 1-100 kHz ※1, CW 1-100 kHz ※1, CW
ビーム品質 マルチモード マルチモード
ビーム径 (出射口) 4 mm 5 mm
冷却 チラー チラー
環境温度 10~40 ℃
電気接続 230 VAC, 50/60 Hz 230 VAC, 50/60 Hz
最大消費電力 2.8 kW 2.8 kW
ケーブル長 ※2 5 m 5 m
寸法 (mm), L x W x H
レーザーヘッド 500x140x128 500x140x128
レーザーコントロールユニット, 19″ 472.5x482x133 472.5x482x133
チラー, 19″ 636x485x312 636x485x312
重量
レーザーヘッド 10.3 kg 10.3 kg
レーザーコントロールユニット 19 kg 19 kg
チラー 57 kg 57 kg

※1 周波数 < 3 kHz でダイオード電流をフル出力で使用しないこと。※2 異なるケーブル長も提供可能。

TOPに戻る