UVフェムト秒レーザー Tangor UV

Amplitude Systemes

OLEDディスプレイ加工に最適。出力パワー 15W/30W、パルス幅500fs、波長343nm、パルスエネルギー最大80 μJ。

OLEDディスプレイ加工に最適。出力パワー 15W/30W、パルス幅500fs、波長343nm、パルスエネルギー最大80 μJ。
  • パルス幅343nm-500fs:最小のHAZとクオリティの高いアブレーションを実現
  • 高出力、高い繰り返し周波数
  • 高パルスエネルギー80 μJ
  • コンパクトで軽量
  • FemtoTrigATM:形状切断品質を向上

Amplitude Systemes(アンプリチュード・システムズ)社のTangor UVシリーズは、
最大30W-500fsの高出力UVフェムト秒レーザーです。
最大2MHzの高い繰り返し周波数と最大150μJの高いUVパルスエネルギーを兼ね備えています。
Tangor UVのユニークな性能により、レーザー業界の中で切断品質とスループットのベストバランスをお届けします。さらに、フェムト秒UVパルスは、光学セットアップのタイプに関係なく、卓越した成果を得るために、最高の加工適応性と最速の方法を保証します。コンパクトで軽量なため、インラインディスプレイ設備にスムーズに搭載できます。

  • OLEDディスプレイの切断と穴あけ加工(HIAA)
  • Flex-PCBの切断と穴あけ加工
アプリケーション結果

例)OLEDディスプレイパネルに使用されるPol-filmの切断
結果@ 1600 kHz- 結果を比較するため同じ切削速度を維持

使用タイプ オンザフライ スキャナーのみ
マークスピード < 700 mm/s > 700 mm/s
HAZ Down to 10 μm Down to 10 μm
UVピコ秒(10 ps)との比較 85% HAZ reduction 50% HAZ reduction


※パルス幅が短いため、UVピコ秒レーザーと比較して切断品質とプロセスの効率が向上
※高いピーク出力により、UVピコ秒レーザーと比較してアブレーション率が向上

モデル Tangor UV Tangor UV HP
平均出力パワー > 15 W > 30 W
パルスエネルギー Up to 80 μJ
繰り返し周波数 From single shot to 2 MHz
パルス幅 500 fs
中心波長 343 +/- 5 nm
スペクトルバンド幅 < 0.5nm
M2 < 1.3
非点収差 < 25 %
ウエスト非対称 < 10 %
パワー安定性 < 2 % rms
ビームポインティング安定性 < 100 μrad/°C
寸法 レーザー 89 x 48 x 16 cm, 電源 60 x 55 x 53 cm
重量 レーザー 85 kg, 電源 52 kg
オプション
  • 出力:50W UV
  • FemtoTrigTM:25 nsジッターの出力パルス制御
  • 優れたビーム品質:非点収差<10%、ウエスト非対称性<5%
  • 4.0対応:50以上のセンサーを搭載
TOPに戻る