量子相関解析ソフトウェア QuCoa

QuCoa Quantum
量子相関解析ソフトウェア

  • いくつかのモデルのフィッティングを含むアンチバンチング(g( 2 </ sup>))測定</ li>
  • AND、OR、NOT演算子を使用した同時計数/イベントフィルタリング</ li>
  • 測定中のアンチバンチング曲線と相関データのプレビュー</ li>
  • TCP / IPインターフェースを介したリモートコントロール</ li>
  • TCSPCヒストグラムと強度時間トレースの計算</ li>
  • すべての結果をASCIIまたは画像にエクスポート</ li>
  • ユーザープログラミングスクリプト言語「STUPSLANG」</ li>

QuCoaソフトウェアパッケージは、PicoQuantのTCSPC機器を使用したデータ取得と分析のための統合ソリューションです。 これは主に、単一光子源(g( 2 </ sup>)/アンチバンチング)、量子鍵配送(QKD)、または ほんの数例を挙げると、Hong-Ou Mandelセットアップを使用したエンタングルメントの研究に使用されています。

このソフトウェアは64ビットのオペレーティングシステム用に設計されており、直感的なGUI(グラフィカル・ユーザー・インターフェース)を備えています。分かりやすく構成されたレイアウトと強力な解析ルーチンにより、データの処理に煩わされることなく、結果に集中することができます。また、ワークスペースのコンセプトにおかげで、データの依存関係を直接確認することができます。

PicoQuant TCSPCモジュールのデータ取得


QuCoaソフトウェアは、PicoQuant社のTCSPCエレクトロニクス(MultiHarp 150、TimeHarp 260、PicoHarp 300、またはHydraHarp 400)に搭載されている独自のT2時間タグ付き時間分解データ取得モードに基づいています。このモードでは、各検出チャネルのフォトンに、測定開始時からの絶対的な到着時間がタグ付けされます。この方式では、すべての光子のタイミング情報が保持されるため、単純な強度のタイムトレースから複雑な相関や同時計数のアプリケーションまで、幅広いデータ解釈が可能になります。

cwまたはパルス励起によるアンチバンチング


QuCoaソフトウェアパッケージには、市場で最速のソフトウェア相関器の1つが含まれています。これにより、光子の絶対到着時間をリアルタイムで相関させて、測定中のバンチング防止曲線の品質を評価することができます。
g(2)(0)値と、すべての検出器のカウント率が常に表示されます。パルス励起モードとcw励起モードの両方をサポートしています。いくつかの確立されたモデルを測定データにフィッティングさせることができます。これには、棚上げされた状態を含む含まないを問わない単一エミッターのモデルや、指数関数的な減衰に基づくパルス励起のモデルが含まれます。 また、限られた検出器の分解能の影響や、相関性のあるバックグラウンド、無相関のバックグラウンドもフィッティングに含めることができます。また、すべてのモデルでグローバルフィッティングが可能です。

同時計数


QuCoaソフトウェアには、同時計数アプリケーション用のイベントフィルターも含まれています。フィルタは、使いやすいグラフィカルインターフェイスを介して構築でき、論理演算(AND、OR、NOT)を使用して、ユーザー定義の時間ウィンドウで検出チャネルとマーカー信号を組み合わせることができます。フィルタは、オフラインだけでなくデータ取得中にも適用できます。 タイムゲートを使用すると、同時検出をユーザー定義の時間範囲に制限できます。

組込されたスクリプト言語とリモートコントロール

QuCoaソフトウェアには、ユーザーが新しい分析手順を作成したり、既存の分析手順をカスタマイズしたりできるようにするスクリプト言語( “STUPSLANG”)組み込まれていますQuCoaソフトウェアは専用のTCP/IPプロトコルでのリモート制御も可能です。

最新ソフトウェア・バージョン: 1.3

この新しいバージョンは、データ取得用にMultiHarp 160もサポートしています。 注:ソフトウェアはUSBドングルで保護されており、USBドングルがなしでは機能しません。
ダウンロード QuCoa, version 1.3

仕様

データ取得
対応 TCSPC モジュール HydraHarp 400, PicoHarp 300, TimeHarp 260, MultiHarp 150
対応検出器数 最大8
同時計数用
マーカー対応数
最大4
測定モード アンチバンチング, 同時相関, 同時計数
測定プレビュー 一致相関トレース (g(2) / アンチバンチング),同時計数, 強度時間トレース, TCSPC ヒストグラム,最大4種類のプレビューを並列計算と表示
データ分析
特長 タイムゲーティング,ビニング,最小二乗フィッティング,MLEフィッティング, ブートストラップエラー分析,GUIテーマ
一致相関 アンチバンチング相関 (g(2)),アンチバンチング フィッティング (モデル: シェルフ状態の有無にかかわらず単一光子エミッター、パルス励起)を含む。制限された検出器の分解能の処理、スクリプトによるユーザー定義モデル、ブートストラップエラー分析
同時計数 ユーザー定義のタイムゲートでの論理フィルター (AND, OR, NOT)を使った検出チャンネルとマーカーの組合せ
エクスポートデータ形式 BMP, ASCII, TIFF, バイナリ
ユーザースクリプト言語 (STUPSLANG) ユーザー定義分析手順
リモート制御 TCP/IP プロトコル経由
PC CPU
要求仕様
SSE2、EMT64、AMD64拡張; 推奨仕様: クワッドコア以上
CPU
クロック
最小 2.2 GHz; 推奨仕様: ≧ 3 GHz
RAM 最小 4 GB; 推奨仕様: ≧ 16 GB
OS Windows 7/8/10 x64
ディスク容量 ≧ 100 MB (データ保存を除く)
ディスプレイ シングルディスプレイ: Full HD;
デュアルディスプレイ: 2 × 1680 × 1050 以上;
hiDPI無
保護モジュール(HASP) USB

アプリケーション

  • 光子アンチバンチング</ li>
  • 一致相関</ li>
  • 量子通信</ li>
  • 量子もつれ</ li>
  • 量子テレポーテーション</ li>
  • 量子情報処理</ li>
  • 単一光子源</ li>

データシート関連

QuCoaデータシート

TOPに戻る