短波長赤外カメラ SIRIS

Lytid

新商品

高性能短波長赤外カメラ。超低ノイズ&高いダイナミックレンジ。幅広い用途で使用可能なInGaAsセンサベースSWIR。200 fps。液体窒素不要。

ハイパフォーマンス短波長赤外(SWIR)カメラ

  • InGaAs FPA(ファーカルプレーンアレー) 640×512、900nm – 1700nm
  • 高ダイナミックレンジ > 120 dB(lin/logモード)
  • 超低ノイズ <10e-
  • 少ない暗電流
  • 200 fps フルフレーム, >10,000 fps ROIモード
  • 振動無し&液体窒素不要の内蔵クライオクーラー(down to 77K)
  • 3種のピクセルゲインレベル

 
LytidのSIRIS 短波赤外線イメージングシステムは、高速、超低ノイズで、市場で最も汎用なSWIRカメラです。完全線形または線形/対数の2つの読み取りモードを備え、非破壊読み取り(NDRO)と組み合わせることで、非常に高いダイナミックレンジを実現しています。3つの調整可能なゲインレベルで、さまざまな照明条件に適合する柔軟性を提供します。最長1時間の長時間露光が可能です。また検出器のROI (Region of Interest) が選択可能で、並外れたフレームレート値を達成しています。
SIRISカメラは、クローズドサイクルの振動フリー、メンテナンスフリー、宇宙技術認定の極低温フリーの冷却システムですので、受け取り後数分で使用できます。標準接続は、フルスピードのカメラリンクデータインターフェイスと、Cマウントオプティクスを介します。
SIRISはその高い性能により、天体物理学的観測、ハイパースペクトル、バイオイメージング、分光、半導体の欠陥検出などの野心的な科学的アプリケーションに最適なツールです。

  • 天文学/天体観測
  • 分光イメージング
  • 半導体欠陥解析
  • 顕微鏡検査(細胞、蛍光)などのメディカルイメージング
  • ハイパースペクトルイメージング

 

SIRIS 短波赤外線カメラによる天体観測


土星(SIRIS, 露光時間 100ミリ秒)。画像提供 ENS。
 

SIRIS 短波赤外線カメラによるレーザー解析


ピンホールを通過したレーザービームの回折リング(SIRIS, lin/logモード)

仕様 SIRIS
● 検出器
タイプ InGaAs
画素数 640 x 512
波長感度範囲 0.9-1.7 μm
ピクセルサイズ 15 μm
デュアルモード CTIA-liner, Lin/Log
● 性能
暗電流 <10e-/s@150K
ゲイン 3ピクセルゲインレベル
読み出しモード Standard及び NDRO(非破壊読み出し)
読み出しノイズ <50e- linモード, ハイゲイン<10e- NDRO
ウェル深さ 300ke-, linモード, ローゲイン
ダイナミックレンジ >120dB, lin/log
デジタル化 16-bit
シャッター グローバルシャッター及びNDRO
ウィンドウイング(ROI) 設定可能
フレームレート 200 fps フルフレーム, > 10 000 fps ROI
露光時間 1 μs to 1h
トリガー トリガー In and Out (10nsまで)
ソフトウェア Camera Link
冷却 300K-50K、クライオクーラー
アクセサリ Cマウント
寸法/重量 42 x 23 x23 cm /10 kg

 

SIRIS 短波長赤外カメラの量子効率

SIRIS 短波長赤外カメラの量子効率

TOPに戻る