超短パルス フェムト秒ファイバレーザー”Neolit”

litilit

増幅器のシード光源向けに設計された、コンパクトなワンボックスタイプの超短パルスファイバレーザーです。波長:1020-1070nm、繰り返し周波数:15-30MHz、平均出力パワー:1-50mW、SESAMフリー

  • 高品質なパルス・スペクトル
  • 消耗品が不要
  • 外乱要因に強い
  • 豊富な出力パラメータよりカスタム可能
  • 超広帯域スペクトル圧縮:30fs

Neolitは増幅器のシード光源向けに設計された、コンパクトなワンボックスタイプの超短パルスファイバレーザーです。SESAMのような消耗品を使用せず、長寿命を実現した新しい超短パルスレーザー光源です。オールファイバー設計により、振動や温度変化に対する高い環境安定性を実現しています。また、コンパクトなワンボックスタイプ、パッシブ冷却方式のため、組み込みも非常に簡単です。高品質な時間的・スペクトル的形状のパルスにより、レーザーシステムの出力において優れた結果が得られます。

  • フェムト秒、ピコ秒のパルス幅
  • DPSSやファイバーベースの増幅器のシード光源
  • 時分割分光法/計測
モデル Neolit Neolit AMP Neolit BB
中心波長 1020 -1070 nm 1040 nm
パルス幅(ファイバより直接)※1 1- 5 ps 5 -10 ps 7 ps
スペクトルバンド幅(FWHM) 4 -12 nm 8 -12 nm 20 -70 nm
平均パワー 1- 5 mW 20 – 50 mW 20 – 50 mW
繰り返し周波数(工場設定) 15 -40 MHz
偏光 直線, >100:1 減衰
出力タイプ FC/APCコネクタ
RF信号インターフェース SMA
インターフェース USB,CAN
電源 12 ± 2 V, max. 3 A
動作温度 15 – 45 °C
寸法 194 x 135 x 40 mm


※1 シード光からのパルスは、外部からの圧縮により、フーリエ変換限界の10%以内に収まります。
※2 増幅器、ファイバパルスピッカー、パルスストレッチャーの追加などのカスタマイズが可能です。
※3 世界特許技術 US10038297, JP6276471, ep3178137, cn106575849

TOPに戻る