電気光学変調器

Conoptics

波長244~4500nmで光強度&位相を変調
高安定性・低電圧・高速

波長244~4500nmで光強度&位相を変調
高安定性・低電圧・高速

 

  • 波長帯域は深紫外、紫外、可視、近赤外まで対応
  • 広帯域の低電圧高速横型変調器で強度&位相変調器
  • 極めて安定性に優れた電気光学結晶を搭載
  • アナログおよびデジタル変調が可能
  • 理科学、産業およびOEM用途に開発

深紫外・紫外・可視・近赤外EO光変調器(波長:244nm~4500nm)、強度&位相変調器です。 1981年米国コネチカット州ダンバリーに設立されたCONOPTICS社が理科学、産業およびOEM用途に開発し、極めて安定性に優れた電気光学結晶 (ADP,KD*P,LTA)を搭載した広帯域の低電圧高速横型変調器です。変調帯域が最大DC~100MHz,200MHz(AC結合),1GHz(マルチポート型)の強度&位相変調器で、アナログおよびデジタル変調を提供しています。

TOPに戻る