技術情報

技術情報 一覧

ライトシート顕微鏡 寿命イメージング

Photonscore

ライトシート顕微鏡を使用した寿命イメージングの事例紹介。ラット胚の光学的切片化よるFLIM、蛍光寿命イメージング顕微の事例を動画と共に紹介します。

Detail

高解像度&リアルタイム テラヘルツイメージング技術

Lytid

Lytid社とボルドー大学 IMS Nanoelectronicグループ(Patrick Mounaix教授)との共同研究による、テラヘルツ技術を駆使したイメージングアプリケーションの研究開発成果をご紹介します。

Detail

フェムト秒ファイバレーザによる多光子顕微鏡

litilit

litilit社のBiolit 2 フェムト秒ファイバーレーザーは、バイオフォトニクス・アプリケーションに最適な光源です。様々な非線形光学技術を用いた多光子顕微鏡では、高い効率と精度でシグナルを生成、バックグランドノイズも抑制できます。生体組織や生化学プロセスのラベルフリー観察にも好適です。

Detail

リソグラフィ(CryLaS社レーザーアプリケーションノート)

CryLaS

CryLaS社小型&低ノイズレーザーシステムによるリソグラフィの例をご紹介します。

Detail

ナノインデンター:高温試験

Micro Materials

NanoTestシリーズは、独自の水平荷重方式、および、圧子とサンプルの等温接触により、熱ドリフトが極めて小さく、高温環境においても、信頼性の高い機械特性評価試験を可能にします。

Detail

フォトニクス・アプリケーション

attocube systems

データ伝送の高速化、通信ネットワークの拡大、家電製品の普及により、フォトニクス業界ではさらなる小型化が求められています。そのため、非常に小さくて複雑な部品を作り、組み立てる必要があります。個々の部品はナノメートル単位の微細な構造で構成されており、高度な光学システムによって作成または検査されます。フォトニクスやオプティクスのアプリケーションにおいて、高精度な位置決めを達成することが重要です。attocube社のモジュール式ナノ位置決めステージは、複雑な多軸アプリケーションにも優れた精度と信頼性を提供します。

Detail

OCT向けコンポーネント

General Photonics

OCT(光干渉断層撮影法)は高解像度で生体やサンプル内部を画像化します。General PhotonicsはOCT用コンポーネントを広くサポートしています。

Detail

超音波顕微鏡(超音波映像装置)とは

Kraemer Sonic Industries (KSI)

超音波顕微鏡は、物質内部を非破壊で検査/観察するツールです。原理・応用などについて解説します。

Detail

光活性化ポリマーのPiFMイメージング

Molecular Vista

光活性化ポリマーに光を照射により表面に変化を与えながら、低速hyPIRイメージングをした結果、表面の形態変化と、変化のステップごとのピーク強度の変化を観察しています。

Detail

Photon Energy レーザー・セラミック加工

Photon Energy

フォトンエナジー社 レーザーマーキング・レーザープロセス製品によるアプリケーション例:セラミック加工

Detail

ポリマーフィルムのPiFMイメージング

Molecular Vista

hyPIRイメージングにより、トポグラフィと、各点におけるスペクトルを同時取得しました。

Detail

【材料・ナノテク】ペロブスカイト・ナノ結晶の特性評価(SuperK 白色光レーザーによる波長可変励起)

NKT Photonics
[オススメ]

ペロブスカイト(perovskite)ナノ結晶の特性評価における波長可変光源として、SuperKシリーズ スーパーコンティニューム光源を利用できます。従来の太陽電池の多くは、シリコンの層を2つの電極で挟んだものでした。シリコン太陽電池は寿命が長く、安定性に優れていますが、その反面、限界もあります。そのひとつは、太陽スペクトルのすべての波長からエネルギーを吸収することができないことです。しかし、ペロブスカイトは有望な太陽電池の候補となっています。

Detail

真核細胞の解糖振動に続くNADHイメージング

Photonscore

代謝物NADHを解糖の固有マーカーとして用いることで、個々の細胞の動態をモニターし、その相互作用を研究することが可能です。

Detail

誘発された蓄積イオンの量子もつれの測定

Photonscore

蓄積イオンはアンチバンチングされた放出量の統計を示す単一光子源の典型的な例です。しかし、単なる測定で2つの蓄積されたイオンが絡み合った、量子もつれの状態になると、興味深い現象が発生します。ここではエンタグルメント・もつれの事例についてご紹介いたします。

Detail

レーザー顕微鏡と白色干渉計の違い

SENSOFAR Metrology

光学顕微鏡を用いた共焦点と光干渉方式による3次元形状測定技術

Detail

従来FT-IRの次世代技術 ”QCL-IR”

DRS Daylight Solutions

QCL-IRは、約1000cm-1の波数範囲を10Hzで掃引し、スペクトルの取得が可能です。IRケミカルイメージング(2次元マッピング)、リアルタイム赤外イメージング、溶液・ガスのリアルタイム分析の時間短縮を実現し、高速で結果をご提供します。

Detail

ブロックコポリマーのPiFMイメージング

Molecular Vista

ブロック共重合体(BCP)フィルムの超分子自己組織化によって作製された、10-100nmの周期構造をPiFMにより観察しました。

Detail

半導体製造装置・アプリケーション

attocube systems

半導体メーカーは、効率的で高密度なチップを製造しなければなりません。生産から品質保証に至るまでのすべての工程に共通する条件は、最高の精度と信頼性を確保し、品質を最大限に高めることです。attocube社の高精度部品は、これらの要求にお応えし、半導体アプリケーションに最先端の技術を提供します。

Detail

半導体材料のPiFMイメージング

Molecular Vista

PiFMは、エリア選択的堆積(ASD)、局所歪み、トレンチの断面、多層スタックの断面、化学機械研磨(CMP)の可視化と分析を含む、多くの半導体アプリケーションに有用なツールです。

Detail
TOPに戻る