工作機械(QA,QC)・アプリケーション

attocube systems

ワークピースのサイズのバリエーションや複雑さが増しており、このような高品質な部品への要求が高まるにつれ、超精密な製造装置や検査装置へのニーズが高まっています。attocube社の超小型レーザー干渉式変位センサIDS3010は、認定された精度と最高の柔軟性を備えており、精密加工アプリケーションに最適です。

ステージガイドによる超精密インライン・トラベルリアルタイム特性制御


多くの工業プロセスにおいて、高品質な製品を達成するためには動作精度が重要です。特にCNC機械やCMMでは、最高精度を実現するために、機械プロセス中の恒久的なインラインモーションコントロールや、綿密なキャリブレーションが必要となります。生産性と収益性を最適化するためには、機械のダウンタイムを最小限に抑え、モーション計測の動作時間を短くすることが必要です。また、最も重要なのは、精度と正確さです。部分的、または完全に機械に組み込まれたセンサソリューションは、効率の向上を可能にしますが、複数の自由度を持つモーションコントロールを可能にするサブマイクロメートルの測定システムを統合することは,非常に困難です。attocube社の3軸小型レーザー干渉式センサIDS3010は、直線的なターゲットの動きを超高精度でリアルタイムに計測するだけでなく、ピッチやヨーの動きの解析が可能です。クローズドループ回路に組み込むことで、3自由度の動きをナノメートルスケールで制御することができます。小型化されたファイバベースのセンサヘッドは、柔軟でコスト効率の高い機械の統合を可能にします。

自動キャリブレーション向けレーザー干渉式センサ:工作機械とCMMの体積補正


工作機械や三次元測定機における繰り返しのキャリブレーションや体積補正には、通常、高価な技術設備と経験豊富な人材が必要です。既存システムでは、機械軸ごとに個別の設置が必要なため、費用と時間がかかります。レーザー干渉式センサIDS3010は、ETALON AGが提供するLineCAL®校正システムの中核となるコンポーネントです。IDS3010は、3軸の作業領域内にある工具やプローブの21個の系統的な偏差パラメータを、すべて同時に、自動的に測定します。パラメータには、3軸すべての位置決め偏差、真直度、ピッチ、ヨー、ロール、およびこれらの軸の相対的な垂直度が含まれます。

モーションキャプチャのための内蔵型センサ:組み込みに最適なレーザー干渉式センサ


工作機械における高精度な位置検出への需要の高まりに伴い、コスト効率、柔軟性、広い動作範囲で高い分解能を持つセンサが求められています。従来、ガラススケールリニアエンコーダが使用されていました。これらのエンコーダは、部分的には1桁、またはサブミクロンの分解能を備えていますが、格子ピッチが細かいため、わずかな取り付け誤差でも精度に大きな影響を及ぼします。また、取り付け面の平坦度が重要です。リードヘッドとスケールの間に適切なエアギャップを確保するのは手間がかかります。また、ガラススケールは汚れに非常に敏感で、熱膨張の影響を受けやすいですが。干渉計は最高の精度を誇ります。しかし、これまではコストやスペースなどの要求により、大量のアプリケーションや機械への組み込みには不向きとされていました。attocube社の超小型レーザ―干渉式センサによりこれらの課題を解決しました。コストパフォーマンスに優れたソリューションであると同時に、最小のスペースと比類のない光学性能を備え、機械への組み込みに最適です。
非接触測定技術と、センサヘッドの柔軟性と剛性により、attocube社はガラススケールリニアエンコーダよりもさらに優れたソリューションを提供します。サブミクロンの分解能を実現し、ツールパスの長さに関わらず、精度を保証します。

座標測定機のモーショントラッキング:三次元測定機のモーショントラッキング向けレーザー干渉式センサ


座標測定機には、精度、正確さ、再現性に対する高い要求があります。適切な品質管理のため、対象物の形状を正しく測定すること重要です。これにより、材料の故障や不具合を解決、または軽減するために、トライボロジー現象に関する知識が提供されます。三次元測定機は通常サブマイクロメートルの精度を必要としますが、キャリブレーションや機械統合制御にはさらに高いレベルの精度が必要となります。レーザー干渉式センサIDS3010は、0~5メートルの連続測定で1ppm以下の認証精度を実現し、CMMの厳しい要求に対応します。また、ナノメートル単位のオーバーシュートや角度偏差を検出して視覚化し、高度な誤差補正への利用が可能です(AxisCalibration Software)。さらに、IDS3010のコンパクトなデザインと汎用性の高いセンサヘッドは、様々な機械に統合されたアプリケーションに対応します。

振動分析・補正:振動と微動を監視するレーザー干渉式センサ


高速工作機械のメーカーは、機械の部品やワークから発生する振動や意図しない動きへの対応が困難です。振動により機械の性能の制限や、摩耗や損傷が引き起され、高価な部品の寿命を低下させます。高度で非接触な振動分析は、最適なパラメータ設定を特定し、メンテナンスを予測することで、プロセスの信頼性を高めます。しかし残、限られたスペース、異なる寸法の超高周波、ナノメートル領域の限られた振幅が、従来のセンサーの統合を妨げています。レーザー干渉式センサIDS3010は、ファイバーベースの設計により、限られたスペースの中で高周波の振動をリアルタイム監視が可能です。複数のチャンネルを使用することで、異なるコンポーネント間の角度振動や相対速度も検出し、アクティブな振動補償の基礎となります。

 

関連製品&推奨セットアップ

レーザー干渉式センサIDS3010
精度:<1ppm、作動距離:0 mm ~ > 5 m、最大速度:2m/s、センサヘッドの直径:1.2 – 15.5 mm、バンド幅:10MHz
TOPに戻る