フォトニクス・アプリケーション

attocube systems

データ伝送の高速化、通信ネットワークの拡大、家電製品の普及により、フォトニクス業界ではさらなる小型化が求められています。そのため、非常に小さくて複雑な部品を作り、組み立てる必要があります。個々の部品はナノメートル単位の微細な構造で構成されており、高度な光学システムによって作成または検査されます。フォトニクスやオプティクスのアプリケーションにおいて、高精度な位置決めを達成することが重要です。attocube社のモジュール式ナノ位置決めステージは、複雑な多軸アプリケーションにも優れた精度と信頼性を提供します。

ファイバアレイアライメント:超精密ファイバ位置決め


今日、多くのデータを生成しており、グローバルな通信ネットワーク、クラウドベースのアプリケーション、ビデオストリーミングのない生活は考えられません。光ファイバによるデータ伝送がこれを可能にしています。データ使用量の増加とバンド幅の拡大への要求により、改良された光ファイバ技術のためのグローバルな大量生産と開発が必要とされています。光ファイバアレイアライメントなど、微細構造部品の製造や組み立てには精度が重要です。このプロセスでは、信頼性の高い多軸位置決め装置が必要となりますが、これらの部品はすべて、接続損失を減らすためにサブミクロンレベルの精度が要求されます。attocube社のナノ位置決めステージは、粗動と微動の両方で駆動が可能で、マイクロアセンブリの分野に最適です。ファイバをmm単位で希望の位置に移動させ、nm単位での微調整が可能です。ピエゾ駆動のステージは、特定の位置を維持する際の長期的な安定性も特徴です。また、異なるポジショナーを重ねることで、多軸ソリューションを実現します。

関連製品&推奨セットアップ

ナノ位置決めステージ
高い安定性、スタック式ポジショナー、粗動・微動

 

レーザービーム&光学的アライメント:超精密ビームステアリング


波面計測や光学計測などのほとんどの計測プロセスでは、特定の波長やイオンを選択するために、何らかの光の成形が必要となります。シャッタ、アパーチャ、レンズ、ミラーなどの様々な光学部品を使用して、光源からのビームを整形し、目的の位置に導きます。これらの光学部品は、目的のビームを確実に得るために、あらゆる方向に調整し、最高の精度を達成する必要があります。attocube社のナノ位置決めステージは、モジュラーデザインに基づいており、光学部品をあらゆる方向に移動させるための多軸ソリューションを実現します。また、UHVにも対応しています。さらに、パーティクルの発生が少なく、クリーンな環境や真空環境に最適です。

関連製品&推奨セットアップ

ナノ位置決めステージ
ナノメートル精度、スタック式ポジショナー、UHV対応:5e-11mbarまで

 

高分解能顕微鏡:高速・正確な位置決めとアライメント


多くの顕微鏡アプリケーションでは、高速で高精度なサンプルの位置決めが求められています。特に、高分解能顕微鏡、地形計測、光学材料分析、セルアレイ調査などの光学イメージングにおけるターゲットの動きに当てはまります。対物レンズやAFMカンチレバーなどのプローブヘッドに対するサンプルの相対的かつ正確な位置決めは、信頼性と再現性の高い測定結果を得るための重要な条件です。attocube社のカスタマイズ可能なナノ位置決めステージは、最大数センチの移動範囲でノイズのない高速な動きを実現し、作業環境を乱すことがありません。ピエゾを使用したこれらの位置決め装置は、高精度の顕微鏡アプリケーションに必要な信頼性、精度、再現性を提供します。モノリシックなxy-unitと完全に組み立てられたxyz軸は、移動軸の安定性と精度を最適化し、必要な設置スペースを最小限に抑えます。

関連製品&推奨セットアップ

ナノ位置決めステージ
モノリシックポジショナー、スタック式ポジショナー、測定再現性:< 50 nm
TOPに戻る