技術情報 一覧

モーション分析・精度評価アプリケーション

attocube systems

attocube社製レーザー干渉式変位センサを用いて、微小振動やオーバーシュートの振幅や周波数を検出、製造や品質のプロセスを最適化。

Detail

Photon Energy レーザー微細加工&レーザー・ストラクチャリング

Photon Energy

フォトンエナジー社 レーザーマーキング・レーザープロセス製品によるアプリケーション例:レーザー微細加工、レーザー・ストラクチャリング

Detail

Photon Energy レーザー・ガラス加工

Photon Energy

フォトンエナジー社 レーザーマーキング・レーザープロセス製品によるアプリケーション例:ガラス加工

Detail

カメラオプション

Photon Energy

シンプル、優れた柔軟性、高精度なレーザーマーキングを可能にするカメラシステム

Detail

プロセスフォトメータ 適用例

KEMTRAK

Kemtrak社のプロセスフォトメータ(濁度、濃度、色計測)の適用例を紹介します。

Detail

研究用アプリケーション

attocube systems

attocubeの製品の研究用アプリケーションへの活用

Detail

材料変形検出アプリケーション

attocube systems

attocube レーザー干渉式変位センサによる材料表面の変形検出

Detail

OCT向けコンポーネント

General Photonics

OCT(光干渉断層撮影法)は高解像度で生体やサンプル内部を画像化します。General PhotonicsはOCT用コンポーネントを広くサポートしています。

Detail

PERMAblack ブラックマーキング

Photon Energy
[オススメ]

金属等へレーザー加工による視野角に依存しない深黒色マーキングを実現。医療機器への機器固有識別子(UDI:Unique Device Indentifier)マーキング・刻印に最適。

Detail

【加工例】コンパクト レーザー微細加工装置 “ALPHAシリーズ”

Oxford Lasers

ALPHAシリーズ ナノ秒レーザーを使用したレーザー微細加工例をご紹介します。

Detail

原子のレーザーマニピュレーションによる量子慣性センサの製作

NKT Photonics

NKT Photonics社のKoherasシリーズ 単一周波数ファイバレーザーは、バーミンガム大学で開発された世界で最もポータブルな量子重力偏差計において重要な要素です。原子操作の要件である、高速周波数変調、狭線幅、低ノイズを高いレベルで提供します。

Detail

【応用例】CANLAS社レーザー・マーキング

Canlas

CANLAS社のQスイッチ半導体励起固体レーザーを用いたマーキング加工の例をご紹介します。

Detail

先進的な測定・観察方式

SENSOFAR Metrology

SENSOFAR社の3D測定顕微鏡は、共焦点・光干渉・焦点移動(フォーカスバリエーション)方式の標準的な原理だけでなく、それらの技術をさらに革新させた共焦点技術や膜厚測定などの先進的な測定、観察方式を有しています。

Detail

ナノインデンター:1000℃でのナノ機械特性試験

Micro Materials

NanoTest Xtremeは、業界で唯一、最高1000°Cの温度環境での機械特性評価試験を実行することができるナノインデンターです。

Detail

蛍光式光ファイバ温度センシング・テクニカルノート

Photon Control

光ファイバ温度センサは、高周波・高電圧環境下で正確な温度計測を実現します。このページでは、Photon Control 光ファイバ温度センサの技術や他の方式との比較をご紹介します。

Detail

ポリマーフィルムのPiFMイメージング

Molecular Vista

hyPIRイメージングにより、トポグラフィと、各点におけるスペクトルを同時取得しました。

Detail

振動測定アプリケーション

attocube systems

attocube社レーザー干渉式変位センサによる多軸振動分析

Detail

ナノインデンター:高温試験

Micro Materials

NanoTestシリーズは、独自の水平荷重方式、および、圧子とサンプルの等温接触により、熱ドリフトが極めて小さく、高温環境においても、信頼性の高い機械特性評価試験を可能にします。

Detail

原子のレーザー冷却&トラッピング

NKT Photonics

NKT Photonics社のKoherasシリーズ 単一周波数ファイバレーザーは、超低ノイズ、狭線幅、高い周波数安定性、さらには堅牢で信頼性の高いファイバー出力レーザーで、原子トラッピング/原子冷却に最適です。

Detail

【アプリケーション】TEA CO2 レーザー応用例

PaR Systems

9~11 μm 中赤外領域の特性と、短パルス、高エネルギー、高繰返し周波数で多彩な用途で高速・高効率なプロセスが可能

Detail

【応用例】ハイエンド サーモグラフィ“ImageIR”

InfraTec

測定・検査向けハイエンドカメラ“ImageIR”の応用例をご紹介します。

Detail

従来FT-IRの次世代技術 ”QCL-IR”

DRS Daylight Solutions

QCL-IRは、約1000cm-1の波数範囲を10Hzで掃引し、スペクトルの取得が可能です。IRケミカルイメージング(2次元マッピング)、リアルタイム赤外イメージング、溶液・ガスのリアルタイム分析の時間短縮を実現し、高速で結果をご提供します。

Detail

光活性化ポリマーのPiFMイメージング

Molecular Vista

光活性化ポリマーに光を照射により表面に変化を与えながら、低速hyPIRイメージングをした結果、表面の形態変化と、変化のステップごとのピーク強度の変化を観察しています。

Detail

半導体材料のPiFMイメージング

Molecular Vista

PiFMは、エリア選択的堆積(ASD)、局所歪み、トレンチの断面、多層スタックの断面、化学機械研磨(CMP)の可視化と分析を含む、多くの半導体アプリケーションに有用なツールです。

Detail
TOPに戻る