単一光子カウンティング用カメラ LINCam

Photonscore

スキャン不要の時間相関単一光子計数用のカメラ。手軽に個々の光子の到着時間とXY位置を計測

  • FLIMをより簡単に、素早く実行
  • 短パルスレーザーで生きた細胞を長時間露光撮影可能
  • 1000×1000ピクセル CCDと同等の高い精度
  • タイミング精度 50ps

Photonscore(フォトンスコア)社のLINCamは、スキャンの必要がない時間相関単一光子カウンティング用のカメラです。カメラと同じような手軽さで、個々の光子の到着時間と位置を計測します。各光子のXY位置を、1000×1000ピクセル CCDと同等の高い精度とタイミング精度50psで計測します。一般的なメガピクセルCCDカメラと同様取扱いが容易である一方、さらにタイミング次元を追加できます。
 
パルス光源とLINCamを組み合わせることにより、シンプルな広視野顕微鏡を高性能の蛍光寿命イメージング装置に進化させられます。市販のオプティクスを取り付けたLINCamなら、LIDARのような巨視的なアプリケーションにも使用できます。
 

データ取得システム

データ取得システム

シングルフォトンカウンティングに必要な全てをシングルボックスに搭載した、堅牢で信頼性の高い計測システムです。時間-振幅コンバータ、アナログ-デジタルコンバータ、電源、参照信号コンスタント・フラクション・ディスクリミネータ(CFD)、接続用の USB 2.0ポートなどが搭載されています。

  • 蛍光寿命イメージング
  • TOF (Time-of-Flight) 測定
  • 微弱光観測
  • X線トモグラフィ

応用例詳細ページリンク

蛍光寿命同時測定 点描画超解像イメージング顕微鏡

Photonscore LINCamを用いた研究成果がNatureに掲載されました!(2022年1月)
 
Nazar Oleksiievets, Yelena Sargsyan, Jan Christoph Thiele, Nikolaos Mougios, Shama Sograte-Idrissi, Oleksii Nevskyi, Ingo Gregor, Felipe Opazo, Sven Thoms, Jörg Enderlein & Roman Tsukanov
“Fluorescence lifetime DNA-PAINT for multiplexed super-resolution imaging of cells”(細胞の多重化超解像イメージングのための蛍光寿命DNA-PAINT)
Nature Communications Biology volume 5, Article number 38 (2022)
 
掲載サイトはこちら
 

 

ディテクタ LINCam
検出有効径 17 mm
位置分解能 1000×1000 pixels
時間分解能, FWHM ≦40 ps
顕微鏡マウント C-Mount
外形寸法 145 × 78 × 50 mm
重量 500 g
冷却 低ノイズエア/リキッド
データ取得システム
最大カウントレート 1 MHz
デッドタイム 400 ns
タイミング
手法 TAC + ADC
最小ビン幅 ≦1.4 ps
電気分解能 6 ps
ビン数 4096
リファレンス入力 正または負 NIM
時間タグ分解能 10 ns
コンピュータインタフェース USB 2.0
OS Windows 7/10, 64 Bits
TOPに戻る