単一光子カウンティング用カメラ LINCam

Photonscore

スキャン不要の時間相関単一光子計数用のカメラ。手軽に個々の光子の到着時間とXY位置を計測

スキャン不要の時間相関単一光子計数用のカメラ。手軽に個々の光子の到着時間とXY位置を計測
  • FLIMをより簡単に、素早く実行
  • 短パルスレーザーで生きた細胞を長時間露光撮影可能
  • 1000×1000ピクセル CCDと同等の高い精度
  • タイミング精度 50ps

Photonscore(フォトンスコア)社のLINCamは、スキャンの必要がない時間相関単一光子カウンティング用のカメラです。カメラと同じような手軽さで、個々の光子の到着時間と位置を計測します。各光子のXY位置を、1000×1000ピクセル CCDと同等の高い精度とタイミング精度50psで計測します。一般的なメガピクセルCCDカメラと同様取扱いが容易である一方、さらにタイミング次元を追加できます。
 
パルス光源とLINCamを組み合わせることにより、シンプルな広視野顕微鏡を高性能の蛍光寿命イメージング装置に進化させられます。市販のオプティクスを取り付けたLINCamなら、LIDARのような巨視的なアプリケーションにも使用できます。
 
検出エリア25㎜径及び40㎜径の2種類のモデルがございます。

データ取得システム

データ取得システム

シングルフォトンカウンティングに必要な全てをシングルボックスに搭載した、堅牢で信頼性の高い計測システムです。時間-振幅コンバータ、アナログ-デジタルコンバータ、電源、参照信号コンスタント・フラクション・ディスクリミネータ(CFD)、接続用の USB 2.0ポートなどが搭載されています。

 

  • 蛍光寿命イメージング
  • TOF (Time-of-Flight) 測定
  • 微弱光観測
  • X線トモグラフィ

蛍光寿命イメージング

蛍光寿命測定例

右画像はユリのくぼみ部分のスライス標本を用いた蛍光寿命測定の例です。強度イメージ (a) は測定光子の位置のヒストグラムです。蛍光寿命分析により次の4つの蛍光寿命で分類できました:τ1 = 0,19; τ2 = 0,67; τ3 = 1,95; τ4 = 3,75 ns
この結果を用いた強度イメージのオーバーレイ画像(b)と平均蛍光寿命も示しています。

 

ディテクタ LINCam25 LINCam40
検出有効径 25 mm 40 mm
位置分解能 1000×1000 pixels 1000×1000 pixels
時間分解能, FWHM 50 ps 50 ps
顕微鏡マウント C-Mount T-Mount
外形寸法 145 × 78 × 50 mm 145 × 100 × 53 mm
重量 500 g 600 g
冷却 エア/リキッド エア/リキッド
データ取得システム Gen2 Gen3 (予定仕様)
最大カウントレート 1 MHz 5 MHz
不感時間 300 ns 80 ns
時間-デジタルコンバータ
最小ビン幅 1.5 ps 1.0 ps
電気分解能 6 ps 12 ps
ビン数 4096 無限
リファレンス入力 正または負 NIM 正または負 NIM
時間タグ分解能 10 ns 8 ns
コンピュータインタフェース USB 2.0 Gigabit ethernet
OS Windows 7/10, 64 Bits Windows 7/10, 64 Bits
TOPに戻る