簡易・小型 原子間力顕微鏡 AFM “CrabiAFM”

OME Technology

CrabiAFMは、コンパクトで低価格な簡易原子間力顕微鏡(AFM)です。リサーチ用途、ナノ教育、またはすでにAFM経験をお持ちの方のサブ機として最適です。

【低価格AFM】 価格300万円台(制御用PC含む)

 

CrabiAFMは業界最低価格原子間力顕微鏡(AFM)です。リサーチ用途の入門機、すでにAFM経験をお持ちの方のサブ機として、またはナノ教育向けに最適です。特許取得のコアテクノロジーが信頼性の高いイメージングを提供します。AFM測定ヘッド本体は110mm角サイズと、非常にコンパクトです。

 

システム概要 ビデオ

 

ソフトウェア概要 ビデオ

 

 

 

オペレーション・ソフトウェア紹介 ビデオ

 

 

アイテム CrabiAFM-E-01
DAC/ADC 12 bits
最大走査範囲 (XY軸) 10 µm
最大走査範囲 (Z軸) 1.4 µm
分解能 (XY軸) 2.5 nm
分解能 (Z軸) 0.35 nm
走査速度 >2 Hz
イメージモード ACモード、アンプリチュードエラー、位相
スペクトロスコピーモード 力-距離曲線
最大サンプルサイズ/高さ 12 mm / 4 mm
最大サンプル位置調整範囲 12 mm (XY軸)
アプローチ オート/ 6 mm
トップイメージ なし
設置サイズ 110 x 110 x 67 mm
ソフトウエア
走査角度の設定 対応
測定結果からの走査範囲の再指定 対応
イメージ表示のカラー設定 対応
TOPに戻る