Qスイッチ半導体励起固体レーザー“CL-200シリーズ”

Canlas

コンパクト・高い安定性・高繰返し。3波長ラインナップ(1064, 532, 355 nm)。最高12W出力。繰返し 1-100kHz。最小パルス幅 20ns

レーザー加工に適した短パルスレーザー
3波長ラインナップ◆中級機種

 

  • 高ビームクオリティ
  • コンパクト
  • 高い安定性
  • ショートパルス
  • 高繰返し
  • ナノ秒パルスなのでピーク出力が高い
  • 微細加工用に最適なレーザー発振器
  • 高水準・高品質の技術開発力

高繰返しQスイッチ半導体励起固体レーザー“CL-200シリーズ”は、ショートパルスで高ビームクオリティのレーザー光を高繰返しで発振し、同クラス最小サイズのコンパクトさと高い安定性を誇っています。
 
本シリーズには、1064nm、532nm、および355nmを発振するモデルが用意され、“CL-100シリーズ”よりさらに高いピークパワーを発振します。

  • ラピッドプロトタイピング
  • MEMS
  • 薄膜太陽電池のスクライビング
  • マーキング
  • トリミング など

アプリケーション詳細例

Canlas社製Qスイッチ半導体励起固体レーザーのレーザー・マーキング例
Canlas社製Qスイッチ半導体励起固体レーザーのレーザー溶接例

波長 1064nm 532nm 355nm
出力 12W@CW、10W@20kHz 4W@15kHz 1.5W@15kHz
繰返し周波数 1~100kHz
パルス幅 30nsec@20kHz 20nsec@25kHz 20nsec@25Hz
パルスエネルギー 600μJ@10kHz 300μJ@10kHz 120μJ@10kHz

他のCanlas社QスイッチLD励起レーザー

CL-100シリーズ(2波長ラインナップ、低価格機種)
CL-210シリーズ(3波長ラインナップ、高出力機種)
CL-240シリーズ(1波長、最高出力機種)
CP-400シリーズ(3波長ラインナップ、高出力機種)
CP-600シリーズ(高ピークパワー機種)
TOPに戻る