ピコ秒ダイオードレーザードライバー PDL 800-D

ピコ秒ダイオードレーザードライバー

PDL 800-Dは、LDHシリーズおよびLDH-FAシリーズのピコ秒パルスレーザーダイオードヘッド、およびPLSシリーズのサブナノ秒パルスLED用のシングルチャネルドライバーです。波長の変更は、異なるレーザーまたはLEDヘッドを接続するだけで可能です。PDL 800-Dの高品質と信頼性は、独自の5年間の限定保証によって表されます。

繰り返し周波数最大80 MHz

PDL 800-Dは、低ジッターの水晶発振器から最大80 MHzの繰り返し周波数でレーザー/LEDヘッドの駆動パルスを供給します。PDL 800-Dは、内部に80 MHzと1 MHzの2つの水晶発振器を持っており、ユーザーが個別に選択することができます。PDL 800-Dでは、さまざまなアプリケーションのニーズに合わせて、繰り返し周波数を2、4、8、16、32分の1に低減することができます。これは、フロントパネルのスイッチで簡単に行うことができ、80 MHzから31.25 kHzの間の繰り返し周波数になります。

外部トリガー入力/同期出力

PDL 800-Dは外部トリガ信号によって、シングルショットと80MHzの間の任意の繰り返し周波数で動作させることができます。 トリガー入力は正負の信号に対応し、可変のトリガーレベルを装備し、さまざまなパルス形状を効果的に使用できます。PDL800-Dおよび対応するレーザー/ LEDヘッドによって生成されるすべてのレーザーパルスには、フロントパネルの同期出力が伴います。この信号は、トリガーモード(外部トリガまたは内部トリガ)の選択とは無関係に、常にトリガーソースに同期しています。この信号は、例えば時間相関単一光子計数(TCSPC)電子機器などセットアップ内の他のデバイスの同期に最適です。

レーザー出力/CW動作の手動制御

PDL 800-Dでは、フロントパネルのポテンショメーターによって駆動電流を変化させることで、接続されたレーザー/LEDヘッドの出力を変化させることができます。各レーザーダイオードとLEDは固有であるため、すべての光源には個別の電流閾値と、駆動電流からの出力パワーに個別の依存関係があります。その結果、強度制御は、相対的なコントロールであり、共通の較正は不可能です。
ドライバーはさらに、LDH-Dシリーズのレーザーヘッドを連続波(CW)モードで操作することができます。パルスモードとCWモードの切り替えは、ドライバーのフロントパネルにあるスイッチで簡単に行うことができます。

ゲーティング入力

走査装置などを使用する特別なアプリケーションの場合、PDL 800-Dは、外部信号によるレーザー放射を抑制することができる2つの特別なゲーティングオプションを提供します。スローゲート。スローオン/オフ期間(秒でレーザーヘッドのセトリング時間を最小限に抑えます。高速ゲートではナノ秒以内に2つのパルス間で遷移を実行できます。また高速ゲートは、オン/オフ信号が周期的で高速(ミリ秒)の場合、高いパルス安定性を実現します。

複数のチャネル/波長、コンピューター制御、より多くの出力、およびレーザーパラメーターの極限の制御を必要とするアプリケーションには、Sepia PDL828およびTaiko PDL M1をご活用いただけます。

仕様

内部発信器
タイプ 水晶(ロッククリスタル)
動作モード パルスもしくはCW
基本周波数 80 MHz,1 MHz
繰り返し周波数 ユーザーが選択可能:基本周波数の1、1 / 2、1 / 4、1 / 8、1 / 16、1 / 32、80, 40, 20, 10, 5, 2.5 MHz 1000, 500, 250, 125, 62.5, 31.25 kHz
低ジッター < 20 ps (FWHM), typ. 3-5 ps (FWHM)
外部トリガー入力
振幅 -5 V ~ +5 V (最大制限)
トリガーレベル
(調整可能)
-1 V〜 + 1 V(負の傾き)
要求パルス幅 > 5 ns
遅延 光出力へのトリガー入力1:typ. 35±5ns、ジッター<20 ps
周波数範囲 シングルショット~80MHz
インピーダンス 50 Ω (ダイナミック)、50 Ω (スタティック)
コネクタタイプ BNC ソケット(メス)
同期出力
振幅 < -800 mV 50 Ω (NIM)
パルス幅 6 ns
遅延 12 ns(立ち下がりエッジからレーザー出力まで)、ジッター<20 ps
内部インピーダンス 50 Ω
コネクタタイプ SMA ソケット (メス)
ゲーティング入力
スローゲート 遷移時間< 100 ms(パルス及びCW)
内部インピーダンス > 500 Ω
コネクタタイプ 1ピン LEMO ソケット – 00.250 シリーズ コネクタ例: FFA.00.250.NTA
リモートインターロック
電圧 < 7 VDC
ループ抵抗 10 Ω 最大
電源
ライン電夏 220/240 または 110/120 VAC, 50/60 Hz
消費電力 45 W 最大
寸法
ベースユニット 237 × 310 × 97 mm (w × d × h)
動作環境
温度範囲 10 °C ~ 40 °C

トリガー信号入力と光パルス出力の間の遅延の値は、PDL 800-Dドライバーとそれに接続されているレーザーダイオードヘッドに応じて、±5nsの範囲で変化する可能性があります。 特定のハードウェアの組み合わせに対して、遅延は定義されて一定であり、ジッターのみが適用されます。

レーザーヘッド

LDH-I シリーズLDH-FA シリーズPLS シリーズ

アプリケーション

  • 時間分解測定
  • 時間分解蛍光
  • 蛍光寿命イメージング(FLIM)
  • 蛍光相関分光法(FCS)
  • 蛍光寿命相関分光法(FLCS)
  • Foerster共鳴エネルギー移動(FRET)
  • 蛍光異方性(偏光)
  • レーザー切断/アブレーション
  • 時間分解フォトルミネッセンス(TRPL)
  • TRPLイメージング
  • LIDAR /レンジング/ SLR
  • 計測と校正
  • アンチバンチング
  • 単一分子分光法
  • 検出器と光ファイバーのテストと測定
  • 量子光学
  • 単一光子生成
  • 拡散測定(DOT、DCS、TD-DCS)
  • レーザーシード

データシート関連

データシート PDL 800-D

TOPに戻る