広帯域 400-1000 nm 波長可変レーザー SuperK CHROMATUNE

NKT Photonics

新製品先行紹介(発売時期等はお問い合わせください)
SuperK CHROMATUNE は超広帯域な波長可変レーザーです。400-1000 nm もの広い波長域をギャップフリーでカバーし、1mW の光パワーを一定に出力します。寿命は数千時間で、信頼性の高い製品です。メンテナンスフリーで、アライメントや調整も不要です。

柔軟で使い易い波長可変レーザー


400~1000 nmもの極めて広いチューニング範囲を1mW で一定出力する SuperK CHROMATUNE は、幅広い波長ニーズに対応できます。
 

  • 波長可変域 400~1000 nm
  • 1mW 一定出力
  • 繰返し周波数をオンザフライで可変
  • アライメントフリー&メンテナンスフリー
  • ソフトウェア開発キット(SDK)
  • プラグ&プレイのアクセサリをご用意

産業用途での高い信頼性

稼働時間は産業において重要です。ファイバレーザー CHROMATUNEは、優れた信頼性と数千時間の寿命を保証します。メンテナンスやサービスを必要とせず、アライメントや調整も不要です。信頼性の高い産業用レーザープラットフォームにベースにしており、24時間365日の連続稼働が可能です。

線幅調整・波長掃引自動化・研究用に調整可能

SuperK CHROMATUNEは非常に使い易く設計されている一方、アドバンスドモード時では、レーザー線幅の変更、複数の波長域での出力調整、自動波長掃引なを操作できます。標準はMHz繰返し周波数のQCWで動作しますが、ライフタイム関連研究などのため変更することも可能です。
 
直感的なソフトウェアインターフェイスで全操作が可能ですが、さらに多くの制御や統合が必要な場合は、無料のSDKで対応可能です。

高い汎用性と使い易さ

NKT Photonics社のSuperK CHROMATUNE 波長可変ファイバレーザーは、波長を選んでボタンを押すだけでレーザー光を出力する、レーザーの初心者にも使い易い製品です。
 

  • 顕微鏡
  • 分光
  • 蛍光
  • 蛍光寿命メージング
  • 光学特性評価
  • プラズモニクス&メタマテリアル
光学的仕様
波長範囲 400 – 1000 nm
全スペクトルスキャン速度 1 s
ライン当たり一定出力パワー > 1 mW
出力パワー安定性 ± 5 %
繰返し周波数 78 MHz(固定), 0.15 – 78 MHz(可変)
バンド幅 ※1 5-10 nm (min.), 50 nm (max.)
帯域外抑制 ※2 > 1 mW
波長分解能 1.5 nm
波長ステップサイズ 0.1 nm
ビーム出力 コリメートファイバ出力
ビーム品質 M2 < 1.1
ビーム径 ≈ 0.5 mm @400 nm, ≈ 0.6 mm @600 nm, ≈ 0.8 mm @800 nm, ≈ 0.9 mm @1000 nm
ビーム拡がり角 < 1.5 mrad
機械的仕様
冷却 空冷
動作温度 +18℃ ~ +30℃
保管温度 -10℃ ~ 55℃
寸法 440 mm (W) x 251 mm (H) x 400 mm (L)
重量 26 kg(パルスピッカー無), 27.5 kg(パルスピッカー込み)
電気的仕様
コンピュータインターフェイス USB 2.0 / RS-232 / Ethernet
駆動電圧 100 – 240 VAC, 50 / 60 Hz
消費電力 < 175 W
ドアインターロックコネクタ 2-pin LEMO
同期トリガ出力 NIM, アナログパルス出力, デジタルゲート出力(繰返し周波数可変時のみ)

※1 帯域幅は波長とともに増加します。
※2 中心波長から+/-20nm以内で測定。

TOPに戻る