サブテラヘルツ Sub – THz レーダー トランシーバー

Lytid

FMCW(周波数変調連続波)レーダートランシーバーは、最先端のショットキーダイオード技術に基づくサブTHzデバイスです。最大100 dBのダイナミックレンジ、高い測定レート(7.6 kHz)、優れた透過性と高い解像度を持ち、様々な用途で非接触非破壊検査、密度深度測定、3Dイメージングなど様々なセンシングツールとしてお使いいただけます。

ショットキーダイオードベースのレーダーシステム

サブテラヘルツ Sub-THz FMCWレーダートランシーバー

 

  • NDT(非破壊試験)アプリケーション向けの超コンパクトで信頼性の高いサブテラヘルツ Sub-THzレーダートランシーバー
  • 最大100 dBの高ダイナミックレンジ 7.6 kHzの高測定レート
  • 最小2 mmの高空間分解能、測位精度± 5 μm
  • 超安定型リニア・ハイブリッドデジタルPLL搭載
  • 高解像度3Dイメージング 150 GHz
  • FPGAベースの信号前処理
  • 屈折率抽出アルゴリズム
  • モノスタティック( 送受同一 )アーキテクチャ

FMCWレーダートランシーバーは、最先端のショットキーダイオード技術に基づくSub-THz ( サブテラヘルツ ) デバイスです。FMCWレーダー( 周波数変調連続波 )であるため、反射信号に含まれる振幅と位相の両方の情報を得ることができ、レンジプロファイル・深さ方向センシングが可能になります。NDTレーダーは、最大100 dBの優れたダイナミックレンジを備えており、厚いサンプルから吸収性材料まで、さまざまな形状を検査することができます。さらに、NDTレーダーとしての高い測定レート( 7.6 kHz )は、産業界のオンライン品質管理要件にもマッチします。 具体的には、特定のアプリケーションに合わせて、カスタマイズされたイメージングモジュールオプション、スキャンキット、および専用の信号処理ソフトウェアも利用できます。NDTレーダーは完全に統合されたプラグアンドプレイシステムであり、ユーザーフレンドリーなソフトウェアによって遠隔操作され、最高のユーザーエクスペリエンスの提供を保証します。NDTレーダーは、優れた透過性と高い画像分解能を併せ持つため、多目的なセンシングツールとして利用可能です。

食品産業 医薬品産業 非接触厚み測定
食品産業 医薬品産業 非接触厚み測定

 
 
 

  • 誘電体材料の深さ方向のセンシング(高分子、木材、セラミックス、紙、複合材料、食品、ゴムなど)
  • 品質管理向け透視イメージング (梱包検査、溶接不良など)
  • 非接触厚み測定
  • 高解像度3D イメージング
  • 精密位置決め
  • 材料分析
  • セキュリティ検査
  • 欠陥検出
  • 密度センシング
  • 健全性評価
  • 貫通検査・深部検査
  • 界面検出
  • 表面検査
仕様 FMCWレーダートランシーバー
トランシーバー モノスタティク ( 送受同一 )
動作モード FMCWレーダートランシーバー
周波数帯 150 GHz
ダイナミックレンジ 最大 100 dB
測定レート 7.6 kHz
位置決め精度 < 5 μm
制御 遠隔 USB
電源 100-240 V AC
温度範囲 0 - 40 ℃
寸法・重量
H x L x W 25 cm x 25 cm x 10 cm
重量 3 Kg
拡張機能
3D イメージング
動作モード 移動ステージ/ロボットアーム
ソフトウェア データ可視化/データ処理
オプティクス( THz レンズ ) 2’’ f= 5 cm, 2’’f=10 cm
空間分解能 X/Y 2 mm, 4 mm
厚み測定
厚み範囲 Sub-mm 最大数十cm
精度 ± 5 μm
TOPに戻る