量子カスケードレーザー・コントローラ“SideKick”

DRS Daylight Solutions

Daylight Solutions社のパルス、CW&パルス、CW-MHF 中赤外レーザー用の多機能コントローラ。業界トップクラスのノイズ性能を達成。

Daylight Solutions社のパルス、CW&パルス、CW-MHF 中赤外レーザー用の多機能コントローラ。業界トップクラスのノイズ性能を達成。
  • CW/パルス発振
  • レーザーパワー、波長、温度をコントロール
  • 31xxx/41xxx 波長可変&固定波長レーザーヘッド用
  • カレントノイズを極限まで低減
  • コンパクト
  • パッシブ冷却
  • GUI & SDK付き USB/Ethernet
  • 実証済みHFQDTM回路搭載
  • リモート診断&エラーメッセージ機能
  • ファンノイズ無し
  • 丈夫で便利なローカル/リモートコントロール

Daylight Solutions社の新しい量子カスケードレーザー・コントローラ SideKick は、優れた性能が実証されている Daylight Solutions 社製 TLC/FLC コントロールエレクトロニクスを元に開発された次世代設計のコントローラです。同社の多彩な外部共振型量子カスケードレーザー (ECqcL) システムの機能性とQCL波長選択をサポートします。コントローラの機能・性能の面で目覚ましい進歩を実現した SideKickは、全ての 31/41xxx パルス, CW&パルス, モードホップフリー・レーザーヘッド に使用できます。柔軟性に優れた高精度・高安定性なレーザーコントーロールが可能。実績ある高再現性量子カスケードドライブ (HFQD) 回路でチップを完璧に保護しながら、出力パワー、波長、温度、スキャン速度 (>5000 cm-1/s まで])、パルス幅 (1 μsまで)、繰返し周波数 (最高 3 MHz)、デューティ―サイクル (最高 30%) を制御できます。

 

S/N比はMWIRアプリケーションで最も重要な特性で、コントローラ性能こそがレーザー性能を左右します。これを踏まえ、SideKickの設計では低ノイズを追求、適切なレーザーヘッドに組合せた際のRINを極限まで低減しました。さらにコンパクトな外形とUSB/Ethernet接続でOEM組込みや研究室使用に最適です。付属のGUI 及びSDK により、エラーメッセージ機能付きの優れたローカル/リモート・コントロールが得られます。ユーザー・プログラムによるチューニング、スイープスキャン、ステップ-計測スキャン、マルチトリガモードも可能です。

  • 基礎研究
  • スタンドオフ検出
  • ライフサイエンス
  • 環境モニタリング
  • OEMのシステム統合
製品仕様 ※1
発振モード パルス, CW, CW モードホップフリー
互換レーザーヘッド 31xxx/41xxx シリーズ 波長可変&固定波長レーザーヘッド ※2
チューニングモード 波長設定, 単方向/双方向スキャン, ステップ&計測, スキャン開始/停止※3
外部接続 USB 2.0, Ethernet 10/100
コントロール接続 GUI 及び SDK コマンドセット (付属)
電流確度 要求電流値の 0.75%
電流精度 1 mA
パルス幅 ※3 40 ns to 1 μs ※3,4, 20 ns 刻み
パルス繰返し周波数 ※3,4 0.1 kHz to 3 MHz
最大デューティ―サイクル 10% (オプション: 最高 30%, お問合せください) ※3,4
温度調整 ±5℃, プログラム可能
スキャン速度※3 >5000 cm-1/s (最大値), 0.5 cm-1/s (最小値)※3
トリガー 内蔵クロック, 外部トリガー (外部パルス, 外部トリガー)
トリガー入力 TTL
電流変調 不可 (レーザーヘッド直接変調) ※3
入力電力 90-264 VAC, 47-63 Hz 付属AC-DC 電源による (または <3 A, 22-30 VDC)
冷却 パッシブ空冷, ファン無し ※4
準拠規格 CDRH, CE ※3
温度範囲 10-40℃ (使用時); -20-60℃ (保管時)
湿度 0-80% RH, 結露無し
寸法 Sidekick: 7.3 x 5.2 x 1.4 ins (18.5 x 13.2 x 3.5 cm)
電源: 2.7 x 5.2 x 1.6 ins (6.9 x 13.2 x 4.1 cm)

※1 仕様値は全て10分間ウォームアップ後の値です。予告無く変更になる場合がございます。
※2 11/21xxx レーザーヘッドには使用できません。専用 TLC/FLC コントローラをご利用ください。
※3 レーザーヘッドやゲインチップにより異なります。お問合せください。
※4 10% を超えるデューティ―サイクルや3MHzの繰り返し率で駆動する場合は適切な QCLチップが必要です。また、レーザーヘッドの追加冷却が必要になる場合がございます。お問合せください。
※5 標準的な RIN 最小値 -150 dBc/Hz (範囲 400 kHz ~ 1 MHz 内で、SideKick 駆動 TLH-41060-MHF レーザーヘッドを用いて測定)
※6 Windows® 7, 8.1 & 10 での GUI 互換。他のOSについてはお問合せください。

中赤外レーザー

モデル 発振 選択可能波長 チューニング幅 スキャン速度
H-Modelシリー
CW or パルス 4~11 μm 波長固定 N/A
CW-MHFシリー
CW, モードホップフリー 4~11 μm 30-100cm-1 30cm-1にて<3秒
Hedgehogシリ
ーズ
CW & パルス 3~13 μm 400cm-1(最大値) >5000 cm-1/s(最大値)
MIRcat-QT
CW & パルス 3~13 μm 1000cm-1(最大値) お問合せ
Aries-2 CW & パルス 3~13 μm 波長固定 N/A

中赤外ディテクタ

中赤外MCTディテクタ (応答周波数4~12 μm)


TOPに戻る