高出力レーザーとUVレーザー VisUV / VisIR

PicoQuant

VisUVでは波長266nm~590nm、最大100mW、レーザービームを3本まで平行出力可能。VisIRでは1064nm 、1530nmで高出力用途に対応。STED顕微鏡用ディプレッション・レーザー (766nm) に最適。オプションで周波数変換も可能。

VisUV/VisIRレーザーは、マスターオシレーター・ファイバーアンプ(MOFA)コンセプトに基づいた汎用性と柔軟性の高いレーザープラットフォームです。オプションで周波数変換も可能です。
VisUVは波長266nm~590nm、最大100mWのレーザービームを3本まで平行して出力することができます。VisIRは、1064nmまたは1530nmの赤外領域での高出力アプリケーションや、766nmのSTED顕微鏡用ディプレッション・レーザーに最適です。
以下の表は、主要なパラメータの概要を示しています。ただし、これらのパラメータはすべて、個々の波長に強く依存します。
 

VisUV VisIR
使用可能な波長
[nm]
266, 280, 290, 355, 532, 560, 590 765, 1064, 1530
パルス幅の範囲
(FWHM)(ps)
70-1000 70-500
平均出力範囲 最大100 mW 最大1.5 W

VisUV (266nm~590nm)
UV、グリーン、イエロー、オレンジのピコ秒レーザー

  • 280nmおよび295nmの出力値を強化
  • 紫外波長 266、280、 295、 355 nm
  • 可視波長532、560、590 nm
  • パルス幅<85ps(FWHM)
  • シングルショットから最大80 MHzまでの繰返し周波数。
    外部または内部トリガー
  • コリメート出力、オプションのファイバーカップリング

VisUV 詳細ページ
 
 

VisIR(765nm、1064nm、1530nm)
高出力ピコ秒レーザー

  • NEW:高出力バージョンでは、
    オプションでパルス幅を
    0.15~0.5nsに調整可能。
  • 使用可能な波長 765-1560 nm
  • パルス幅は通常70ps FWHM(短パルス)
    または0.5 ns FWHM(高出力)
  • 平均出力:300mW以上1.5W以下(波長により異なる)
  • シングルショットから最大80 MHzまでの繰返し周波数。
    外部または内部トリガー
  • コリメート出力。

VisIR 詳細ページ
 
 

TOPに戻る