VisIR 高出力ピコ秒レーザー

高出力ピコ秒レーザー Vis IR

  • NEW:波長 1950nm
  • NEW:デジタルインターフェースより制御可能-USB,RS232,セピアPDL828(専用モジュールSEM 828付)
  • NEW:オプションで高出力バージョンでパルス幅0.15〜0.5 ns間で調整可能
  • 使用可能な波長:765-1560 nm
  • パルス幅は通常70 ps FWHM(ショートパルス)または0.5 ns FWHM(ハイパワー)。
  • 平均出力:300mW以上1.5W以下(波長により異なる)
  • シングルショットから最大80 MHzまでの繰り返し周波数、外部または内部トリガー
  • コリメート出力

VisIRレーザーは、周波数変換を備えたマスターオシレーターファイバーアンプ(MOFA)のコンセプトに基づいた多用途で柔軟なプラットフォームです。 マスターオシレーターは、PicoQuantの実績のあるゲインスイッチング技術を使用して、最大80 MHzの可変繰り返し周波数で1064 nmおよび1530〜1560nmの赤外線ピコ秒パルスを生成します。 このシードレーザーの出力は多段ファイバー増幅器に直接接続されており、発光波長、偏光、パルス幅などのシードレーザービームの他の特性を維持しながら、シードレーザーからの出力を数dBブーストします。

平均出力> 1.5 W

通常1〜2 Wの平均出力は、最適なパルス繰り返し周波数で赤外線で到達します。通常1〜2 Wの平均出力電力は、最適なパルス繰り返し周波数で赤外線で到達できます。さらに、増幅された1550 nmレーザーの高いパルスエネルギー(1530〜1560 nmは、ご要望に応じてご利用いただけます)により、シングルパス第二高調波発生(SHG)を使用した効率的な波長変換が可能になります。 このようにして、平均出力電力が1.5 Wを超える765〜780 nmの任意の波長でピコ秒パルスを生成することができます(例:VisIR-765-HP「STED」)。 VisIRは、31.25 kHz〜80 MHzの内部で選択可能な12の異なる繰り返しレートで動作でき、シングルショット〜80MHzの任意の繰り返し周波数でTTLまたはNIM信号によって外部からトリガーすることもできます。 この機能は、誘導放出抑制(STED)セットアップでの励起レーザーとディプレッションレーザーの完全に同期させるのに非常に有効です。

柔軟なパルス持続時間

レーザーは、70psの短いパルスまたは0.5nsの長いパルス(FWHM)のいずれかを生成するように構成できます。 0.5 nsの延長されたパルス持続時間は、たとえばSTED顕微鏡法に理想的です。これは、より長いパルスまたは連続波励起でさえ、サンプルを不必要な量の放射線にさらし、光退色を増加させる可能性があるためです。 VisIRをプログラム可能なパルスジェネレータPPG512と組み合わせることにより、パルス幅を0.15〜0.5nsの任意の長さに設定できます。 これにより、パルスパラメータだけでなく、レーザーのコヒーレンス長も細かく制御できます。 これは、医療用途での拡散測定に非常に役立ちます。

優れたビーム品質


ほとんどのVisIRモデルは、ほぼ完全に円形でガウス形状のビームプロファイル(TEM00)を備えており、M²<1.1の値として指定でき、一般的な数値は約M²〜1.02です。 これは、さらに正確なビーム成形のための重要なパラメータです(例:VisIR-765-HP「STED」の「STED-ドーナツ」)

コンパクトなスタンドアローンデバイス

VisIRは、最大の熱放散のために最適化された特別なデザインを持つスタンドアローンのデバイスです。繰り返し周波数やトリガーソースの選択など、確立されたPDLシリーズのレーザードライバーのすべての駆動機能を備えています。また、オプションのVisIR用リモコンで、トリガーソース、繰り返し周波数、レーザーの一般的な出力を設定することができます。

ファイバーカップリング

VisIRは、オプションで、さまざまなコネクタタイプを介して、さまざまな光ファイバ(マルチモード、シングルモード、または偏光保持シングルモード)にカップリングできます。 FC / APCコネクタは、レーザーの安定性を妨げる可能性のある後方反射を防ぐため、ほとんどのアプリケーションに推奨されます。 詳細については、ファイバーカップリングのソリューションを参照してください。

仕様

光学出力
使用可能な波長 765 ~ 1560 nm
スペクトル幅 < 1 nm
偏光消光比(PER) VisIr-765(-HP) > 1 : 1000 (> 30 dB),VisIR-1064 > 1 : 60 (> 18 dB),VisIR-1530/1550(-HP) > 1 : 100 (> 20 dB)
パワー安定性 (12 時間) (ΔT (環境) < 0.5 K) < 3 % rms
その他の光学仕様 (出力, パルス, ビーム形状) 波長表を参照下さい。
繰り返し周波数
内部
範囲 ユーザー選択可能:80, 40, 20, 10, 5 , 2.5 MHz (80 MHz 基底周波数)
1000, 500, 250, 125, 62.5 , 31.25 kHz (1 MHz 基底周波数)
外部( NIM入力経由)
範囲 <10 Hz ~ 80 MHz
トリガーレベル 固定トリガレベル – 400 mV
コネクタ NIM-CAMAC
外部( TTL入力経由)
範囲 <10 Hz ~ 80 MHz
振幅 – 5 ~+ 5 V(最大限度)
トリガーレベル 調整可能- 1 V ~+ 1 V
コネクタ BNC
同期出力
振幅 < -800 mV ,50 Ω(NIM)
コネクタ SMA
遅延
トリガー イン (NIM)から同期出力 Typ. 9 ± 1 ns
トリガーイン (NIM) から光出力 Typ. 80 ns
同期出力から光出力 Typ. 70 ns
USBインターフェイス
コネクタタイプ USB Type-C 3.0
USBバージョン 2.0
互換性 PQ Laser ドライバーソフトウェア (Windows® 10において)
RS232インターフェイス
コネクタタイプ Sub-D9 メス
バウドレート 115200
データ 8 bit
パリティ
停止 1 bit
Sepiaインターフェイス
コネクタタイプ LEMOタイプ、PicoQuant専用Sepia拡張モジュールSEM 828との接続用インターフェース
互換性 PQ Laser ドライバーソフトウェア (Windows® 10において)
ゲーティング
コネクタタイプ SMA メス
リモートインターロック
コネクタタイプ 4ピン LEMO EGG.00.304.CLL メス
互換性 PQ Laser ドライバーソフトウェア (Windows® 10において)
寸法
サイズ 352 x 336 x 82.5 mm (l × w × h)
重量 6.5 kg
操作環境
温度範囲 10-30 °C
最大消費電力 100 – 250 VAC, 50/60 Hz, 最大 130 W

波長表

 

 

 

タイプ 波長[nm] パルス(FWHM) 最大平均出力6[W] 発散[mrad] ビーム径 ビーム品質
VisIR-7651 766 (±1) Typ. 70 ps > 0.3 < 0.5 2.2±0.2 M2< 1.1 (typ. ~ 1.02), TEM00
VisIR-765-HP „STED“2 766 (±1) Typ. 0.5 ns3 > 1.5 < 0.5 2.2±0.2 M2< 1.1 (typ. ~ 1.02), TEM00
VisIR-7751 775 (±1)4 Typ. 70 ps > 0.3 < 0.3 2.2±0.2 M2< 1.1 (typ. ~ 1.02), TEM00
VisIR-775-HP2 775 (±1)4 Typ. 0.5 ns3 > 1.5 < 0.5 2.2±0.2 M2< 1.1 (typ. ~ 1.02), TEM00
VisIR-10642 1064 (±2) < 85 ps > 1 < 1.5 1.1±0.1 M2< 1.3 TEM00
VisIR-1064-HP2 1064 (±2) Typ. 0.6 ns > 1.2 < 1.5 1.1±0.1 M2< 1.3 TEM00
VisIR-15302 1531 (±3) Typ. 70 ps > 0.75 < 1.5 2.2±0.2 M2< 1.1 TEM00
VisIR-1530-HP2 1531 (±3) Typ. 0.5 ns3 > 1.3 < 1.5 2.2±0.2 M2< 1.1 TEM00
VisIR-15502 1550 (±3)5 Typ. 70 ps > 0.75 < 1.5 2.2±0.2 M2< 1.1 TEM00
VisIR-1550-HP2

1550 (±3)5 Typ. 0.5 ns3 > 1.3 < 1.5 2.2±0.2 M2< 1.1 TEM00
VisIR-19502 1950 (± 3) < 100 ps > 0.5 < 3 0.6 ± 0.1 M2 < 1.31531 (±3)
VisIR-1950-F2 1950 (± 3) < 100 ps > 0.5 1.5 m output fiber with stainless steel tubing Divergent output 0.15 NA M2< 1.1 TEM00


1 本モジュールはクラス3bのレーザー製品です。
2 本モジュールはクラス4レーザー製品です
3 プログラマブルパルスジェネレータ(PPG 512)により、0.15~0.5nsのパルス幅に調整可能です。
4 765~780nmの波長も対応可能です(納期がかかる場合があります)。
5 その他、1530~1560nmの波長も対応可能です(納期がかかる場合があります)。
6 最大平均出力は、必ずしも最大パルス繰り返し周波数で達成されるとは限りません。一般的に-HPタイプでは、最大平均出力へは10~40MHzの間で到達します。

 
※VisIR はクラス3bまたは4のレーザー装置です。
 
表示されているすべての測定値は、10%の校正誤差がある場合があります。
 

アプリケーション

  • 蛍光寿命イメージング(FLIM)
  • リン光寿命イメージング(PLIM)
  • 蛍光相関分光法(FCS)
  • 蛍光寿命相関分光法(FLCS)
  • Foerster共鳴エネルギー移動(FRET)
  • パルスインターリーブ励起(PIE)
  • 蛍光異方性(偏光)
  • 時間分解フォトルミネッセンス(TRPL)
  • TRPLイメージング
  • LIDAR /レンジング/ SLR
  • アンチバンチング

データシート関連

VisIR データシート
VisIR 寸法図面
VisIR STED テクニカルノート

TOPに戻る