透明樹脂のレーザー溶着向け 2μm ファイバーレーザー “PowerWave2000シリーズ”

NPI Lasers

特殊な材料や前処理を必要とせずに、透明な樹脂のレーザー溶着を可能にします。コンパクト、低コストな産業向けファイバーレーザーです。材料の特性に合わせて、1900nm – 2000nm から波長を指定できます。

透明プラスチックのレーザー溶着を可能にする波長2ミクロンのファイバーレーザーです。
  • 発振波長をカスタマイズ可能(1900nm – 2000nm)
  • 優れたパワー安定性
  • 回折限界ビーム
  • ターンキーシステム
  • メンテナンスフリー

プラスチック加工の分野でもレーザーを用いた手法が発展してきました。幅広く用いられているプラスチックのレーザー溶着は、レーザー透過溶着としても知られています。この場合、2つの溶着される部材は光に対してそれぞれ透明/吸収されることが必要です。

 

しかし、両方の部材がどちらも透明な場合には、光を吸収する層が無いために従来の溶着方法では上手くいきません。
これは、透明材料では可視光の吸収率が低いために生じる問題です。

 

ポリマー材料の2ミクロン帯における固有な吸収を利用することで、吸収層を設けることなく溶着することが可能です。
これにより、吸収材の層を追加する必要が無いばかりでなく、優れた加工品質をもたらします。

透明プラスチック溶着

  • 透明プラスチックのレーザー溶着
  • 生化学分析
  • 分光
  • 固体レーザー励起光源
モデル PowerWave2000シリーズ
波長範囲 1900-2000 nm (代表値:1908 nm, 1940 nm)
出力バンド幅 < 1 nm
平均出力 30W, 70W
平均出力安定性 < 1% RMS (12h @ 25℃)
ビーム径 5 mm
ビーム品質 M2< 1.1
出力偏光 ランダム偏光 / 直線偏光
出力ファイバタイプ コリメート光
使用温度 15 to 35 ℃
使用湿度 20 to 80 %(結露無きこと)
電源要件 AC 220 V
寸法 633 mm × 483 mm × 141 mm
重量 20 kg
冷却 空冷、水冷
TOPに戻る