ファイバカップル・テラヘルツ分光検査装置“T-SPECTRALYZER F”

HÜBNER

非破壊・非接触検査ができるプラグ&プレイのテラヘルツ・スペクトロメータ。周波数範囲 0.1~2.5 THz、最大ダイナミックレンジ 54 dB

非破壊・非接触検査ができるプラグ&プレイのテラヘルツ・スペクトロメータ
  • 周波数範囲 0.1~2.5 THz
  • 最大ダイナミックレンジ 54 dB
  • わずか 0.05秒でサンプルを非破壊・非接触検査
  • 簡単操作
  • シームレスなシステム統合が可能

Hübner社の T-SPECTRALYZER F は、サンプルの非破壊・非接触検査ができるプラグ&プレイのテラヘルツ・スペクトロメータです。複数の拡張モジュールや直感的なユーザーインタフェースで、測定結果の保存、処理、エクスポートを強力にサポートします。周波数範囲 0.1~2.5 THz、最大ダイナミックレンジ 54 dB です。

 

わずか 0.05秒の高速計測ですので、プロセス管理やサンプルの空間マッピングに好適です。簡単操作で、特別なトレーニングを受ける必要もなく、すぐに操作できます。標準化されたハードウェア及びソフトウェアのインタフェースにより、既存のネットワードやプロセスフローへシームレスに統合できます。また安全なテラヘルツ波をベースとしていますので、費用のかかる安全対策も不要です。

モジュール

  • ファイバカップル・トランスミッタ&ディテクタモジュール
  • ファイバカップル・トランスレシーバモジュール
  • ファイバカップル・ATRモジュール(開発中)
  • 物質の同定:プラスチック製パイプ、チューブ、その他パッケージごしでも可
  • 粉末・錠剤の化学分析
  • 液体・気体の分析
  • 添加半導体材料の特性評価
  • 水分分布の調査
  • ポリマー充填率の測定
  • 種々の異性体の識別
  • 結晶・アモルファス構造の識別
  • 多層系の膜厚測定
周波数範囲 0.1~2.5 THz (3.3~133 cm-1)
ダイナミックレンジ > 54 dB at 0.5 THz (16.7 cm-1)
周波数分解能 標準:10 GHz (計測範囲 100 ps)
最大:5 GHz (計測範囲 200 ps)
計測時間 標準:5 s (100 ps at 20 ps/s)
最小:0.05 s (100 ps at 2,000 ps/s)
サンプルスキャンレンジ/ビーム径 標準:200 x 200 mm2 (精度 ~ 0.2 mm)
ビーム径 ~ 1.5 mm (周波数による)
システム寸法 19インチラック;  WxHxD 43 x 27 x 46 cm3
システム重量 30 kg
テラヘルツ・トランスミッタ/
ディテクタモジュール寸法
WxHxD 5 x 5 x 10 cm3
重量 0.5 kg
電源要件 115~230 VA, 50~60 Hz, <200W
推奨使用環境温度 16~32 °C
インタフェース NAMUR, OPC, LAN / WLAN, USB 3.0

※表記の仕様値は全て、ファイバカップル・トランスミッタ&ディテクタモジュール、各5m長 ファイバ、コリメーティング/フォーカシング TPXレンズ各2個 (計4個のレンズ)を用いて、サンプル無し、計測時間5秒、測定レンジ 100ps、周波数分解能 10GHz、温度22℃、湿度27% で計測したものです。

周波数 ダイナミックレンジ (最小値) ダイナミックレンジ (代表値)
0.5 THz 500 : 1 54.0 dB 900 : 1 59.1 dB
1.0 THz 475 : 1 53.5 dB 850 : 1 58.6 dB
1.5 THz 250 : 1 48.0 dB 450 : 1 53.1 dB
2.0 THz 85 : 1 38.4 dB 150 : 1 43.5 dB
2.5 THz 30 : 1 28.9 dB 50 : 1 34.0 dB
3.0 THz 10 : 1 18.4 dB 15 : 1 23.5 dB
3.5 THz 6 : 1 14.9 dB 10 : 1 20.0 dB
4.0 THz 3 : 1 8.9 dB 5 : 1 14.0 dB
周波数ドメイン・シグナル&ノイズ例 時間ドメイン・シグナル&ノイズ例
TOPに戻る