最先端 フラッシュランプ励起 ナノ秒 YAGレーザー&ガラスレーザー

Amplitude Technologies

高度な要求に応える、特別かつ無二のナノ秒パルス・レーザーソリューション。Premiumlite-YAG YAGレーザー:>75 J @1064 nm, >55 J @532 nm、繰返し周波数 10 Hz。Premiumlite-Glass ガラスレーザー:>250 J @1053 nm, >200 J @527 nm, 繰返し周波数 0.1 Hz

Amplitude Technologies (アンプリチュード・テクノロジーズ)社のアドバンスド・ナノ秒レーザー Premiumliteシリーズは、既存レベルをはるかに超える高度な要求に応える、特別かつ無二のレーザーソリューションです。Amplitudeグループの多彩なノウハウを結集し、パルスエネルギーはミリジュールからキロジュール、波長は近赤外から紫外、また様々なパルス形状で、サブピコ秒からマイクロ秒まで、ユーザーの要件に合わせて提供いたします。

 

OPCPAやチタンサファイアのポンプ、最大級の加速器とカップリングしてのレーザ駆動衝撃波、VISAR、トムソン散乱プラズマ計測といった最先端科学への応用はもちろん、レーザーピーニング、レーザー接着部検査のような工業的アプリケーションにも使用できます。

 

Premiumliteシリーズのベースは、疑似アクティブミラーディスクアンプモジュール (PAMDAM: Pseudo Active Mirror Disk Amplifier Module) です。市販品としてこれまでに類のない、高繰り返しでありながら非常に高いエネルギーと平均出力が得られます。単一ユニット、単一ビーム、シングルパルスで、YAGレーザーは最大平均出力 750 W (10 Hz)、ガラスレーザーで 最大出力エネルギー 250 J (0.1 Hz) を出力します。

 

高品質のステンレス鋼、金、セラミックを用いることで、長期間にわたって信頼性の高い発振を保証しています。また均一性の高いゲイン層をもつ PAMDAM により、滑らかなトップハット型ビームプロファイルを有します。

Premiumlite-YAG

  • レーザーピーニング、レーザーフォーミング(航空機、自動車産業など)
  • 核除染
  • レーザー接着部検査(複合材料)
  • ペタワット、マルチペタワット出力チタンサファイアレーザーポンプ

Premiumlite-Glass

  • ペタワット、マルチペタワット出力チタンサファイアレーザーポンプ
  • レーザー駆動衝撃波

Premiumlite-YAG

モデル Premiumlite 30 Premiumlite 40 Premiumlite 50 Premiumlite 60
ビームプロファイル 円形, Super Gaussian 次数 ≥ 20
ビーム径 @1/e2 44 ± 2.5 mm 44 ± 2.5 mm 55 ± 2.5 mm 55 ± 2.5 mm
ディスクアンプモジュール(DAM) 3 4 5 6
拡がり角 ≤ 500 μrad ≤ 500 μrad ≤ 500 μrad ≤ 500 μrad
パルスエネルギー @1064 nm > 35 J > 50 J > 65 J > 75 J
パルスエネルギー @532 nm > 25 J > 35 J > 45 J > 55 J
長時間平均エネルギー安定性 ≤ 3% P-V (ウォームアップ後8時間以上経過時)
パルス間エネルギー安定性 < 1 % RMS @1064 nm, < 1.5 % RMS @532 nm
パルス幅 FWHM 6 ± 2 ns
ジッタ RMS ≤ 1 ns RMS
偏光 直線または円偏光
ポンティング安定性 ≤ 50 μrad (繰返し周波数固定)
繰返し周波数 最大 10 Hz

Premiumlite-Glass

モデル Premiumlite 75 Premiumlite 120 Premiumlite 150 Premiumlite 200
ビームプロファイル 円形, Super Gaussian 次数 ≥ 20
ビーム径 @1/e2 80 ± 2.5 mm 80 ± 2.5 mm 80 ± 2.5 mm 80 ± 2.5 mm
ディスクアンプモジュール(DAM) 3 4 5 6
拡がり角 ≤ 500 μrad ≤ 500 μrad ≤ 500 μrad ≤ 500 μrad
パルスエネルギー @1064 nm > 100 J > 150 J > 200 J > 260 J
パルスエネルギー @532 nm > 75 J > 120 J > 150 J > 200 J
長時間平均エネルギー安定性 ≤ 5% P-V (ウォームアップ後8時間以上経過時)
パルス間エネルギー安定性 < 1.5 % RMS @1053 nm, < 2.0 % RMS @527 nm
パルス幅 FWHM 20 ± 5 ns
ジッタ RMS ≤ 1 ns RMS
偏光 直線または円偏光
ポンティング安定性 ≤ 50 μrad (繰返し周波数固定)
繰返し周波数 最大 0.1 Hz
TOPに戻る