TCSPC測定用 トリガーダイオード機器 TDA 200

TDA 200 トリガーダイオード機器

  • コンパクト設計
  • 立下り時 typ. 250 ps
  • パルス幅 最小 500 ps (FWHM)
  • スペクトル範囲 350 ~ 1100 nm
  • パルス高の示す値はレーザーの繰り返し周波数より独立。
  • フィルター保持機能内蔵

時間相関単一光子計数法(TCSPC)の測定では、パルス励起システムからの正確な同期信号が重要です。
PDLシリーズ駆動レーザーやLEDヘッドなどのPicoQuant励起源は、たとえば、 TCSPCボード/モジュールHydraHarp400、PicoHarp 300、またはTimeHarp260。適切な電気同期信号のないレーザーシステムの場合、TDA200フォトダイオードを使用してタイミング電子機器を同期します。

シリコンピンフォトダイオードを中心に構築


TDA 200は、直径0.5 mmのアクティブ領域を持つシリコンピンフォトダイオードを中心に構築されており、350nmから1100nmまで使用でき、ピーク感度は約800nmです。 励起ビームのごく一部がTDA200ユニットに向けられると、TCSPCデバイスに直接結合できる高速(通常500 ps)の負の出力パルスで各励起パルスに応答します。 TCSPCの原理により、タイミング精度は検出器のパルス幅/立ち上がり時間よりもはるかに低く、通常はわずか数十ピコ秒です。

マルチカラーLED信号パルス出力振幅

マルチカラーLEDインジケータは、TCSPC機器の同期入力の要件を満たすために光の強度調整を可能にします。出力パルスのピーク振幅が-100 mVに達すると緑色のランプがソフトに点灯し、-350 mVを超えると赤色に変わります。必要に応じて、適切なフィルターをセンサーのエントリーポートの前のホルダーに配置します 。ピンダイオードの過度の露出はTDA200に損傷を与えませんが、-1 Vを超えるピーク振幅の出力パルスを生成する可能性があります。これは、TCSPCユニットで推奨されている値を超えます。 そのため必要な12VDC電源が製品に同梱されています。

仕様

電気的パラメーターElectrical Parameters
立上り時間 typ. 250 ps
パルス幅 (FWHM) typ. 500 ps
スペクトル範囲 350 ~ 1100 nm, 約 800 nmにてピーク
アクティブエリア 0.5 mm x 0.5 mm
出力 負パルス, typ. 0 ~ -1V, SMA-ソケット, 50 Ω 一致
LEDモニタリング 緑 > 100 mV, 赤 > 350 mV
電源 11 V ~ 13 V, 50 mA
物理仕様
寸法 30 × 60 × 60 mm (l × w × d)

ここに記載されているすべての情報は、私どもの知る限り信頼できるものです。 ただし、不正確または記載漏れの可能性については責任を負いません。 仕様および外観は予告なく変更される場合があります。

データシート関連

TDA 200 データシート

TOPに戻る