スペックル低減 最大5波長 高出力レーザーコンバイナ“BrixXHUB”

Omicron Laserage Laserprodukte

最大5波長のDPSS / LDレーザーモジュール(375~808 nm)をコンパクトパッケージに格納。1波長当り最大2500mW

最大5波長のDPSS / LDレーザーモジュール(375~808 nm)をコンパクトパッケージに格納。1波長当り最大2500mW
  • 最大5波長までビーム結合。小型ハウジングから効率的に出力
  • 波長ラインナップ:375~808 nm
  • マルチモードファイバ出力または自由空間出力
  • 出力ファイバ:シングルモード、偏光保持、マルチモード
  • 伝導冷却
  • 内蔵スペックルリデューサオプション:均一な広視野光
  • WindowTM互換レーザーコントロール・ソフトウェア付属
  • ユーザー自身で波長アップグレード可能
  • ソフトウェア・ドライバ:Metamorph, LabVIEW, Micromanager 対応

Omicron社の BrixXHUB® は、ハイパワーのレーザーコンバイナ光源で、最大5波長の DPSS またはダイオードレーザー (同じ波長は2つまで可能) をコンパクトで丈夫な筐体に搭載できます。波長ラインナップは 375nm から 808nm で、光出力パワーは1レーザー波長当り 最大 2500mW です。自由空間出力またはファイバ出力です。またオプションのスペックルリデューサを併用することで、レーザー特有のスペックルを低減することができ、超解像顕微鏡や高速マシンビジョンなど幅広いアプリケーションに導入できます。USB 及び RS-232 インタフェース付きでセットアップ統合が容易です。

  • 広視野超解像顕微鏡 (PALM, STORM, SIM)
  • ハイパワーRGBアプリケーション
  • オプトジェネティクス
  • 検査・計測
  • マシンビジョン
モデル BrixXHUB®-4 – 最大 4 レーザー波長
BrixXHUB®-5 – 最大 5 レーザー波長
波長 / 出力(内部レーザーパワー) 375nm / 400mW
405nm / 1200mW
445nm / 2500mW, 5000mW
473nm / 1000mW
488nm / 2000mW
520nm / 1000mW
555nm / 1000mW
638nm / 700mW, 1200mW, 2200mW
647nm / 500mW
750nm / 1500mW
808nm / 2500mW

※よりハイパワーのマルチモード・ダイオードレーザーやAOモジュレータ付きDPSSレーザーも提供可能です。

結合ファイバタイプ マルチモードファイバ。円形または方形
結合ファイバ出力 FC/PC or SMA
自由空間出力ビーム径 例 2.5mm 1/e2 (波長依存)
コントロールインタフェース USB 2.0 / RS-232
コントロールソフトウェア WindowsTMベース・レーザーコントロールソフトウェア Omicron Control Center (OCC)
電源要件 24VDC (レーザタイプにより異なる)
外形寸法 BrixXHUB-4: L x W x H: 495mm x 416mm x 82mm (スペックルリデューサ含む)
BrixXHUB-5: L x W x H: 443mm x 416mm x 82mm
(いずれもレーザータイプや取り付けオプションにより異なる)
TOPに戻る