バイオフォトニクス向け フェムト秒ファイバーレーザー Biolit

litilit

クリーンなショートパルスを発振するフェムト秒レーザーです。パルス幅: typ 60fs。平均出力2W以上、堅牢かつ安定性が高く、非線形光学用途・多光子顕微鏡に最適です。

  • クリーンなショートパルス
  • 堅牢で優れた安定性
  • 多光子顕微鏡に最適化された柔軟な繰り返し周波数
  • メンテナンスフリー&ターンキー
  • 分散補償内蔵

Biolit は、多光子顕微鏡およびその他の非線形光学アプリケーションを念頭に置いて設計された、コンパクトな空冷フェムト秒レーザーです。工業用向けのデバイスを用いることで、非常に堅牢でメンテナスフリーに近い設計となっております。
超短パルス(典型値60fs)とクリーンパルス、高ビーム品質、そして低繰返し周波数の組み合わせにより、一般的な固体レーザーと比較して、対象物を保護しながら高いレベルの多光子イメージングを可能にします。

  • 多光子顕微鏡
  • 光重合
  • 眼科治療
  • OPO ポンピング

        

       

モデル Biolit 2
中心波長 1045 ± 5 nm
平均出力 >2 W
パルス幅 <80 fs ( 60 fs typ)
パルスストレッチ率 >0.9
チューナブル分散事前補償※1 -5000 fs2…+1000 fs2
パルス繰り返し周波数※2 15,20,30,40 MHz
ピークパワー >1MW( 20 MHz)
ビーム品質 M2<1.2
ビーム真円度※3 >0.9
ビーム径(1/e2) 1.5±0.5 mm
ビームポインティング(ピークtoピーク) < 50 μrad
パルスエネルギー安定性(RMS) <1 %
ウォームアップタイム(コールドスタート) <5 分
制御可能インターフェイス USB, CAN
電源 100…240 V AC,47…63 Hz
動作温度 15~35℃
湿度 結露無き事
輸送/保存温度 -20 ~+70 ℃
寸法 レーザーヘッド:266 x 190 x 112 mm、制御ユニット:449 x 370 x 140 mm
アンビリカル長 3±0.3 mm
冷却 レーザーヘッド:パッシブ空冷、制御ユニット:空冷(ファン)

※1 外部光学系の高分散をご要望に応じて補正可能
※2 工場出荷時設定
※3 ビームのzスキャンに沿った最悪の場合の楕円率として定義されます。

TOPに戻る