ナノ粒子分散塗布サンプル・プレパレーション装置 “PSD-PS01”

浜松ナノテクノロジー

ナノ粒子のSEM・TEMまたはAFM観察を容易にするサンプル・プレパレーション装置。
分散溶媒中に溶かしたナノ粒子を、静電噴霧でSi基板やカーボン蒸着膜基板へ分散塗布します。

電子顕微鏡や原子間力顕微鏡の観察を簡便に!

ナノ材料は、凝集しやすくハンドリングが容易でないため、貧溶媒中に分散した状態が好まれます。この分散液において、個々のナノ材料の大きさや形状、もしくは凝集状態を把握することは、ナノ材料の研究や応用開発する上で極めて重要です。ナノ材料の観察には、走査型電子顕微鏡(SEM)や透過型電子顕微鏡(TEM)、または原子間力顕微鏡が使用されますが、観察基板に分散液を塗布・乾燥する過程で凝集体となってしまうため、個々の状態を把握することが困難でした。

「サンプルプレパレーション装置 PDS-PS01」は、小サイズの微液滴形成に適した高品質の静電スプレー塗布装置です。最大8μLの試料液を扱えます。静電噴霧した各液滴に1個もしくは0個のナノ材料が含まれる濃度で使用すれば、凝集のないナノ材料の観察基板を作製できます。試料液を充填するノズル部は使い捨てになっているため、手間の掛かるノズル内の洗浄は不要です。ナノ材料を吹き付ける観察基板は、Si基板やカーボン蒸着膜などが適合します。

ナノ材料の分散塗布 静電噴霧の様子

活用事例(SEM観察)

各ナノ分散液の事例(Si基板)
  • ノズルホルダー:1本 交換ノズル:外径 25, 40µm
  • 印加電圧:DC6000V
  • 静電スプレーの条件を決めるためのテストエリアと観察基板を作 製するための塗布エリアがあり、スイッチでセレクト可能
  • 静電スプレーの状態を目視観察するための拡大レンズ機能付き のぞき窓、及び白色LED照明を装備
  • 静電スプレーの印加電圧を決めるための噴霧電流モニタを装備
  • 筐体ドアの開閉に連動した感電防止のインターロック機能
  • 寸法:W320, D400, H520mm
TOPに戻る