PDT/PIT/PDD用 レーザー照射装置 “BrixX PDT”

Omicron Laserage Laserprodukte

オススメ

PDT(Photodynamic Therapy: 光線力学療法)、PIT(Photoimmunotherapy: 光免疫療法)、PDD(Photodynamic Diagnosis:光力学的診断)などのレーザーがん治療・診断に最適な光源
※本製品は研究開発用で実際の治療用途には使用できません。

高出力半導体レーザー”BrixX-PDT”シリーズはPDT(Photodynamic Therapy: 光線力学療法)やPIT(Photoimmunotherapy: 光免疫療法)、PDD(photodynamic Diagnosis:光力学的診断)などレーザー光がん治療・診断の研究開発に最適な光源です。使用する光感受性物質の吸収波長に応じて、405nm, 635nm, 650nm, 665nm, 690nm, 750nm等幅広い波長を提供できます。

 

高出力、高安定性のレーザーオペレーション

高出力、高安定性のレーザーオペレーション
最大出力2.5Wの高出力に対応しながら、
出力安定性が高くノイズの少ないオペレーションが可能です。
長時間レーザーを照射しても一定の出力を保つことができるので、
PDT/PIT/PDDにおける光反応を正確に判断できます。

メディカルファイバーに対応

メディカルファイバーに対応
シリンドリカルファイバーや正面照射ファイバーなどレーザー光がん治療に用いられるメディカルファイバーを搭載可能です。

分岐ファイバーに対応

分岐ファイバーに対応2, 4, 6, 8分岐などレーザーをマルチチャンネル化することによりPDT/PIT/PDD実験の効率化を図ることができます。※詳しくはお問い合わせください。

 

アライメント用レーザー搭載

アライメント用レーザー搭載調整用に安全に目視可能なパイロットグリーンレーザーが標準搭載されています。
保護メガネをかけながら安全にファイバーの位置調整を実施できます。

 

簡単なソフトウェア制御


レーザーのON/OFFや出力可変設定などは付属ソフトウェアから簡単に行えます。
  • PDT/PIT、PDDの基礎研究
  • レーザー治療・診断
モデル
BrixX-PDT
波長 405
nm
445
nm
525
nm
555
nm
635
nm
650
nm
665
nm
690
nm
750
nm
出力 1.2W 2.5W 1.5W 2W 2W 0.8W 2W 2.5W 1.5W
波長や出力に関しての詳細はお問い合わせください。
対応光
感受性物質
5-ALA ——— ——— ——— Porfimer
sodium5-ALA
Temoporfin Talaporfin
PAD-S31
ATX-S10Na
Verteporfin
IRdye700DX
WST11
出力安定性 < 1% @8h
RMSノイズ <0.5% (CW, 20Hz…10MHz)、 <0.5% (CW, 10MHz…500MHz)
ファイバーコネクタ SMA、FC/PC
パイロットレーザー グリーン、1mW
コントロールインターフェイス USB2.0、RS232
オプション

  • キースイッチコントロールボックス
  • ヒートシンク
  • シリンドリカルファイバー
  • 正面照射ファイバー
  • レーザー分岐ビームスプリッタシステム
  • レーザー保護メガネ
  • パワーメータ
  • TOPに戻る