ミリ波・サブテラヘルツ発振器 TeraSchottky

Lytid

パワフルな完全一体型サブ・テラヘルツ発振器。最先端のショットキーダイオード・マルチプライヤ利用。高出力 2~350mW。高いチューナビリティ <12%。周波数 > 75, 150, 300, 600 GHz。コンパクト(<1kg)で使い易い。

高出力&超小型サブテラヘルツ光源

高出力&超小型サブテラヘルツ光源

  • ショットキーダイオードベース・サブテラヘルツ光源
  • 数百ミリワットのハイパワー出力
  • 600GHz以上まで周波数拡張可能
  • 高速周波数切替え
  • 軽量:わずか800g
  • 広帯域な周波数チューナブル範囲
  • 完全プラグ&プレイで使い易い専用ソフトウェア
  • 完全プログラム可能:周波数掃引、パルス変調、FM変調
  • 外部トリガ:ロックインアンプ、テラヘルツカメラ、スレーブモード

Lytid社のTeraSchottkyは、最先端のショットキーダイオード・マルチプライヤを利用した低周波数テラヘルツ(THz)光源です。75GHzのベースユニットから、150GHz, 300GHz, 600GHzに周波数を拡張できます。数百mWまでの高い平均出力パワーと、高い周波数チューナビリティーをバランスよく備えたパワフルなテラヘルツ波発生器です。最高のユーザーエクスペリエンスを提供する完全一体型のプラグアンドプレイシステムで、ユーザーフレンドリーなソフトウェアによるリモートコントロールも可能です。
Lytidは、テラヘルツ光源の設計に関する受賞歴もある技術の高いメーカーで、TeraSchottkyは欧州宇宙プログラムから派生して開発された、信頼性の高い技術に裏打ちされています。

TeraSchottky サブ・テラヘルツ光源(発生器)チュートリアルビデオ

  • ミリ波・テラヘルツ波帯通信
  • テラヘルツイメージング・非破壊イメージング
  • THz帯デバイスの特性評価
  • THz帯スペクトル評価
  • 磁性スピントロニクス特性評価
仕様 TeraSchottky
発振方式 連続発振CW
変調周波数 最大5kHz
周波数切替速度 4ms
チューナビリティ >12%
操作方法 専用ソフトウェアによるリモート制御, USB接続
電源電圧/消費電力 12V/<50W
温度範囲 15~25℃
寸法/重量 55mm(H)×130mm(W)×110mm(L)/800g
接続 – トリガー:SMA with CMOS 3.3 V level
– 12V power supply

 

パフォーマンス例(サブテラヘルツ周波数 vs. 出力)

TOPに戻る