廉価版テラヘルツ量子カスケードレーザー(THz-QCL)TeraCascade100  

Lytid

テラヘルツ実験スタートに最適。高出力モデルTC2000の廉価版。最先端の量子カスケードレーザー(QCL)ベース。2~5THz。パルス(QCW)。シングル/マルチモード。出力0.1mW以上 at 3.2THz。窒素冷却

コンパクト・使い易い・パワフルなテラヘルツ光源

コンパクト・使い易い・パワフルな低価格テラヘルツ光源 TeraCascade 100

  • 高出力 >100μW
  • シングルモード/マルチモード
  • テラヘルツ周波数 2~5THz 出力
  • 使い易い窒素冷却:連続フロー窒素充填システム
  • 高い柔軟性:1台のドライバで複数台のTC100を制御
  • 1Lボトル程度のコンパクトサイズ&軽量2.5kg
  • 1度の真空引きで3か月保持
  • 選択周波数中心のARコーティング付き一体型Siレンズ

LytidのTeraCascade 100シリーズは、最先端の量子カスケードレーザー技術を用いた低価格で費用効果の高いTHz光源で、テラヘルツ実験をこれからスタートする方に最適なツールです。周波数 2~5 THz、平均出力パワー >0.1mWで、シングルモードまたはマルチモード出力です。高解像度THzラスタスキャンイメージング、検出器の特性評価、キャリブレーションなど多くのアプリケーションに応用できます。システムは窒素冷却ですが、カスタマイズドライバと別売りのTCドライバエレクトロニクスにより、安全で使い易いシステムです。タッチスクリーンまたはコンピューターを介して、すべてのレーザーパラメータをリモート制御可能で、市場で最も柔軟かつユーザーフレンドリーなテラヘルツQCLシステムです。
 

モジュール式システム

ニーズに合わせて、1つまたは複数の周波数のレーザーチップモジュールを選択できます。TCドライバーは別売りです。
 

高品質出力ビーム

レーザー光源のビーム品質は、特にイメージングアプリケーションにおいて重要なポイントです。TeraCascadeシリーズは、準ガウスビームプロファイルで、ビーム拡がり角が小さく、最適なイメージングを実現します。
 

誰もが利用可能な最先端テクノロジー

Lytidでは、テラヘルツ技術をすべての人が利用できることを目指しています。TeraCascadeシリーズは、自動起動/シャットダウン機能を有し、またタッチスクリーン上のすべての操作パラメータに簡単にアクセスできるように設計されています。

高解像度ラスタースキャン・テラヘルツイメージング

QCL技術の高い周波数と高出力パワーにより、ラスタースキャンシステムを使用して、超高解像度のテラヘルツイメージングを実行できます。
 

THz帯での検出器の特性評価

QCL技術の高い安定性により、テラヘルツ帯域の高周波スペクトルでセンサーを特性評価できます。
 

テラヘルツ領域でのパワー補正

QCL技術の高い安定性により、テラヘルツ領域の高周波スペクトルでセンサーを校正できます。

仕様 TC1000
発振周波数 3.2THz
波長 60~150μm
平均出力 >1mW
スペクトル マルチモードまたはシングルモード
アウトプット Si HRFZレンズ
ビーム形状 20° FWHM
真空継続期間 約3ヶ月
冷却 液体窒素
寸法/重量 220mm(H)×120mm(W)×180mm(L)/2.5kg
オプション TC Driver、真空ターボポンプ

 

制御・システム構成について

コントロール

  • TCドライバと完全互換 (別売り)
  • ローカル(タッチスクリーン)またはリモート(USB接続)

接続

  • 真空コネクタ1/4インチ
  • TCドライバ接続用 4ピン電源コネクタ
  • 上部開口部からデュワーに窒素充填(連続フローシステムと互換)

メカニカル

  • デバイス下部にマグネット付きで光学テーブルに素早く設置可能
  • 固定セットアップ用M6ネジ

 

3.2THz TC100 廉価版テラヘルツQCLのパフォーマンス例

TOPに戻る