PDL エミュレータ“PDLE-101”

General Photonics

高速トランレシーバなどのPDL誤差計測やPDLトラッキング速度の定量化などPDL関連の検査・計測に最適なPDL発生&エミュレータ

高速トランレシーバなどのPDL誤差計測やPDLトラッキング速度の定量化などPDL関連の検査・計測に最適なPDL発生&エミュレータ
  • PDL生成: 範囲0~20 dB、分解能 0.1 dB
  • 残留PMDが低い:0.1ps未満
  • PDLスキャン機能
  • リモートコントロール可能:USB, RS-232, GPIB, Ethernet

高速ファイバ光学トランレシーバ は、40Gb/s 及び 100Gb/s データ伝送のためのコヒーレント検出技術を用いるものも含め、厳格なPDL誤差特性が求められます。加えてコヒーレント検出レシーバのPDLトラッキング速度及びPDL緩和アルゴリズムの応答時間の定量化も必要です。

 

General Photonics社の PDLE-101は、このようなPDL関連の検査用に設計されたPDL源/エミュレータです。PDL値を、範囲0~20 dB、分解能 0.1 dBで個々に生成し、PDL誤差計測に使用できます。PDLは、ユーザー定義の範囲、波形、速度でも生成できますので、PDLトラッキング速度やリカバリー時間計測にも適用可能です。操作はフロントパネルのキーパッドか、USB, RS-232, GPIB, Ethernetインタフェースによるリモートコントロールで行います。なおユニットの残余PMDは、わずか 0.1 ps 未満です。

  • PDL耐性測定
  • PDLトラッキング速度及び回復時間検査
  • PDL補正器のコード開発
波長範囲 ※1 C band または L band
挿入損失 (最大値) 2 dB at PDL = 0, コネクタ含まず
PDLダイナミックレンジ ※2 0.1~20 dB
PDL分解能 ※2 0.1 dB
PDL精度 ※2 ± (0.1 dB +1% of PDL)
PDL切替時間 ※3 最長 5 ms, 代表値 1 ms
残余PMD < 0.1 ps at PDL = 0
戻り損失 > 50 dB
PDLコントロール フロントパネルコントロールまたは接続インタフェースによる遠隔操作
PDL波形 正弦波, 方形波, 三角波, ランダム
ファイバタイプ SMF-28
光コネクタタイプ FC/PC, FC/APC, SC/PC, SC/APC
光パワー・ダメージ閾値 500 mW
ディスプレイ 20文字2列 LCD
接続インタフェース USB, RS-232, Ethernet, GPIB
使用温度範囲 0 to 40℃
保管温度範囲 -20℃ to 60℃
電源 100~240 VAC, 50~60 Hz (16W)
寸法 2U, 19インチラック幅, 14″ (L) x 8.5″ (W) x 3.5″ (H)

※1 他波長帯も提供可。
※2 23 ± 5°C での値
※3 方形波遷移の立上り時間

TOPに戻る