偏光度メータ “DOP-201”

General Photonics

光源の偏光度 (DOP) をリアルタイムに計測。特許の最大/最小サーチ技術により、低DOPも高DOPも正確に測定

光源の偏光度 (DOP) をリアルタイムに計測。特許の最大/最小サーチ技術により、低DOPも高DOPも正確に測定
  • 高速計測
  • 波長非依存 DOP計測
  • リアルタイム表示フロントパネルディスプレイ
  • アナログ出力

General Photonics社の DOP-201 は、光源の偏光度 (DOP) をリアルタイムに計測、フロントパネルディスプレイに表示します。低いDOP値では正確に計測できない偏光計ベースの方法や、高いDOPで不正確になるスクランブラベースの技術と異なり、DOP-201 は特許の最大/最小サーチ技術により、低DOPも高DOPも正確に測定できます。S, C, Lバンドを含む広い波長帯に対応し、校正も不要です。光源の DOP 及び光出力レベルを同時に測定できますので、DOPパワー依存性を測定でき、デポラライザ製造における挿入損失の低減を保証します。

 

旧モデルの DOP-101 と比べ、計測速度、精度、分解能、パワーレンジ、ディスプレイのみやすさがより改善されました。またアナログ出力ポートが追加され、自動テストステーションへの組込みが容易になっています。

  • デポラライザや、非偏光光源 (ASE光源, SLED光源, ラマンアンプ用ポンプ光源など) の評価
  • 光シグナルの OSNR や PMD のモニタ
  • 光学アンプのノイズ値測定
使用波長範囲 1260~1620 nm (標準)
DOP分解能 0.01%
DOP精度 ※1 ±0.5% (単一サンプル)
±0.2% (10サンプルの平均)
再現性 ±0.2% (10サンプルの平均)
DOP範囲 0 – 100%
計測速度 30 ms, 1計測当り, 入力 > -30 dBm
入力可能パワー範囲 -40 to 6 dBm
光パワー精度 ±0.25 dB
パワー測定用校正波長 1260~1360 nm & 1440~1620 nm
使用温度範囲 0~50 ℃
保管温度範囲 -20℃ to 70℃
フロントパネルディスプレイ OLEDグラフィック・ディスプレイ
アナログ出力 0 to 5 V 最大範囲, ユーザー設定可
DOP用モニタ電圧
電源 100~240 VAC, 50~60 Hz
接続インタフェース USB, Ethernet, RS-232, GPIB
寸法 2U 19インチ・ハーフラック幅, 14″ (L) x 8.5″ (W) x 3.5″ (H)

※1 At 23 ± 5°C.

TOPに戻る