高速ケミカルイメージングQCL顕微鏡 Spero

DRS Daylight Solutions

業界一の超高速でケミカルイメージ(化学組成マッピング)を測定可能です。1視野のケミカルイメージは35秒で取得できます。固定波数でのイメージングは、なんと毎秒30フレームのリアルタイム取得です。生体組織の病変部位や、工業サンプルの赤外像を可視化できます。

ビデオレートIRイメージング。広視野(2mm)、超高速。わずか40秒以下でIRハイパースペクトルイメージング像取得

 

  • 高速高精細ケミカルマッピング
  • デジタルパソロジー(病理診断)
  • 生体組織から工業サンプルまで多岐
  • IR吸収スペクトルに基づく組成マッピングを取得できます。
  • 480 x 480ピクセルの全点でIRスペクトルを取得可能
  • 完全一体型分光顕微鏡&イメージングプラットフォーム
  • 高輝度な中赤外チューナブル量子カスケードレーザ(QCL)ベース
  • リアルタイム、高スループット 分光イメージング
  • 染色や分子タグ不要
  • ラベルフリー赤外分光でサンプルの化学組成を表示
  • 極低温冷却不要
  • 素早いセットアップ

 

Spero-QT フラッグシップモデル

Daylight Slutions社のSpero-QT 顕微鏡は、高性能なラベルフリー・ケミカルイメージング・プラットフォームです。Speroシステムは、極低温冷却が不要な中赤外分光およびFTIR顕微鏡で、卓越した空間分解能、速度、視野(FOV)を提供します。サンプルの自家蛍光の問題を避けつつ、ラマン顕微鏡や光熱効果IR顕微鏡に比べてはるかに高速で測定します。広視野と低ノイズ設計により、ライブ/リアルタイム化学イメージングやユーザー定義のスパース離散周波数計測のような新しいデータ収集方法に適用できます。設置面積の小さい卓上サイズですので、省スペースでラボに好適です。Spero-QTシステムは、前モデルからの特長である広視野、高解像度はそのままに、10分の1の時間で2倍のデータを生成する高速化に成功、前例のない高いS/N比を達成しました。Spero-QTのステージは、最大3枚の顕微鏡スライドをイメージングでき、さらに大きくなったサンプルコンパートメントでマイクロ流路デバイスや関連部品との互換性が向上しています。

Spero-LT 低価格モデル

Daylight Slutions社Speroシリーズの最新モデルであるSpero-LTは、高速・高分解能の特長を保ちながら、より幅広い材料&ライフサイエンス研究に導入しやすい低価格モデルです。LTモデルから最上位モデルのQTへのアップグレードも可能です。

Speroの紹介動画(概要)

 

Speroのウェビナー動画

 

ハイパースペクトル・データキューブ

視野(FOV)比較

●構成
イメージングモード SPERO-QT SPERO-LT
赤外反射
赤外透過
可視
モザイク処理
ハイパーキューブ
高解像度IR
対物レンズ (0.7NA)
広視野IR
対物レンズ (0.3NA)
●仕様:赤外イメージングモード
項目 高分解IR (0.7NA)※1 広視野IR (0.3NA)
FOV 78°
波長域 Spero-LT 標準構成: 1750 cm-1 to 1000 cm-1
Spero-QT 標準構成: 1800 cm-1 to 950 cm-1
特注対応可能域: 2300 cm-1 to 800 cm-1
イメージキューブ取得時間 < 40 s (450 absorbance images collected at 2 cm-1 spacing)
カメラアレイサイズ 480 x 480 480 x 480
イメージピクセルサイズ 1.3 μm (0.7 NA) 4.3 μm (0.3 NA)
回折限界空間分解能 < 5 μm @ λ = 5.5 μm < 12 μm @ λ = 5.5 μm
開口数, NA 0.7 0.3
空間分解能 Variable, down to 2 cm-1
最小検出シグナル < 3 mAU per scan < 3 mAU per scan
動作距離, WD > 8 mm > 25 mm
視野, FOV 650 μm x 650 μm (0.7 NA) 2 mm x 2 mm (0.3 NA)
●ステージ
X軸ステージ可動域 >75 mm※2
Y軸ステージ可動域 >50mm※2
Z軸ステージ可動域 >10mm
再現性 <10µ

※1 反射モードはSpero LTの標準構成には含まれません。
※2 最大100㎜までカスタマイズ可能です。

TOPに戻る