中赤外パルス用 レーザー・スペクトラム・アナライザ(LSA) ”772B-MIR”

Bristol Instruments

>50Hzのパルスレーザーが測定可能。QCLに最適。高い波長精度:±0.08 nm @ 8μm、高い光除去比:20 dB、1〜12μmの波長域。CWレーザーも測定可能。

1台でCWレーザー、パルスレーザーに対応。高い波長精度:±0.08 nm @ 8 μm、高い光除去比:20 dB、1〜12μmの波長域。

  • パルス,CWレーザーのスペクトル分析
  • 動作範囲:1〜12μm
  • スペクトル分解能:4 GHz
  • 高い波長精度:±0.08 nm @ 8 μm, ±10 ppm
  • 高い光除去比:20 dB
  • 5年保証

ブリストル・インスツルメンツ社の772B-MIRレーザースペクトルアナライザーは、実績のあるマイケルソン干渉計技術と高速フーリエ変換分析を組合せ、1〜12μmの幅広い範囲動作でご利用いただけます。このシステムは、高度なアルゴリズムを使用して、50 Hzという低い繰り返し率を持つパルスレーザーの測定を可能にしています。
772B-MIRは、スペクトル分解能は4 GHzで、波長精度は±10 ppm(8μmで±0.08 nm)、光除去比20 dB以上です。
 


 
50Hzのパルスレートと50nsのパルス長で動作するQCLのスペクトル
モデル 772B-MIR
レーザータイプ※1 CW,パルス(繰り返し率> 50 Hz)
波長範囲 1 – 12 μm
測定再現性※2,3 ± 10 ppm
± 0.08 nm @ 8 μm
± 0.0125 cm-1 @ 1250 cm-1
± 375 MHz @ 37.5 THz
スペクトル分解能※4 4 GHz
校正 内蔵の標準HeNeレーザーによる連続校正
表示分解能 8桁
単位※5 nm, μm, cm-1, GHz, THz
光除去比※6,7 10 – 20 dB (取得したパルス数に依存)
最小入力パワー※7 0.01 – 13 μW
測定時間※7,8 選択したパルス数を収集するのに必要な時間の約2倍
(約10秒以上)
光入力※9 コリメートビーム3 mm 開口径、
アライメントを容易にする可視トレーサービーム
装置インターフェース USB、Ethernet(Windowsベースの表示プログラム)、
任意のPCオペレーティングシステムを使用したカスタム、
LabVIEWプログラミング用のコマンドのライブラリ(SCPI)
コンピューター要件※10 PC(Windows 10)、1 GBの使用可能なRAM、USB 2.0(以降)のポート、モニター、ポインティングデバイス
ウォームアップ時間※6 なし
温度/圧力/湿度※7 + 15°C〜+ 30°C(-10°C〜+ 70°Cの保管)| 500〜900 mm Hg | + 40°Cで相対湿度90%以下(結露なし)
寸法(高さx幅x奥行き) 7.5” x 6.5” x 15.0” (191 mm x 165 mm x 381 mm)
重量 14 lbs (6.3 kg)
所要電力 90〜264 VAC、47〜63 Hz、最大50 VA
保証 5年(パーツ、動作)

※1 仕様は、パルスレーザー動作モード用です。CWレーザーの場合、動作と仕様はモデル771B-MIRと同じです。
※2 信頼性レベルが99.7%以上での測定の最大波長誤差として定義。
※3 波長軸はシステムの精度仕様に合わせて調整されています。
※4 極めて狭い光信号の半値全幅で測定された全幅(FWHM)として定義
※5 nm、μm、およびcm-1の単位のデータは、真空値として表示されます。
※6 30,000パルスを取得すると、光除去率は約15〜20dBになります。
※7 性能特性 保証なし
※8 例えば、パルスレート1kHzのレーザーを30,000パルス照射した場合、約60秒。Windowsベースの表示プログラムで使用します。SCPIとのインターフェースは、任意のPCオペレーティングシステムを使用して実行できます。
※9 要求ビーム高:5.45±0.25”
※10 Windowsベースの表示プログラムで使用します。 SCPIとのインターフェースは、任意のPCオペレーティングシステムを使用して実行できます。
※11 装置の高さはアライメント目的で調整可能(7.25±0.25インチ)

TOPに戻る