偏光モード分散のデジタルエミュレータ “PMD-1000” 【General Photonics】

PMD-1000は、フレキシブルなデジタルPMDソースです。1次の偏波モード分散を 180ps まで、2次の偏波モード分散を 8100ps まで精密に生成します。
疑似連続オペレーションモードにより、独立した1次と波長に依存しない2次の偏波モード分散の生成を可能にします。
PMD-1000は3つの高速光磁クリスタルを用いてPMDを生成します。
PMDの切り替え時間はわずか1ミリ秒程度で、市販されているどのPMD生成器よりも高速です。

1次&2次PMD生成。エミュレータ兼用。PMD関連の検査を簡単、迅速、プロフェッショナルに実行可能。

  • モータを使用しないオール・デジタル・デザイン
  • 高速PMDスイッチ:1 ms
  • 1次PMD 180ps まで, 2次PMD 8100ps2 まで
  • 偏光スクランブル機能

 

General Photonics社の PMD-1000 は柔軟性に優れたデジタル PMD発生器です。180ps までの1次 PMD、8100ps2 までの2次 PMDを高精度に生成します。擬似連続操作モードで、1次PMDを独立で、また波長非依存の2次PMDを生成し、PMD領域を均一にカバーします。

PMD-1000 は、高速の三次元光磁気結晶を用いてPMDを発生します。PMDの切替時間はわずか1ミリ秒で、市場で最速のPMD発生器です。

本製品は統計的にPMD分布を発生させることで、PMDエミュレータとしても機能します。レートスクランブリングを変更でき、トレース生成や偏光安定化を含む偏光のコントロール機能も有します。

  • PMD耐性の検査システム
  • PMD補償回路のストレステスト
  • PMDCの最適化
  • 偏波モード分散装置の較正源
Version 90 ps Version 180 ps Version
波長範囲 ※1 C band または L band
挿入損失 5.0 dB 5.5 dB
入力パワー範囲 -10 to 10 dBm
戻り損失 50 dB
PDL (代表値) 0.45 dB 0.5 dB
1次PMD範囲 0 to 91 ps 0.36 to 182.4 ps
1次PMD分解能 不連続モード 0.357 ps 0.714 ps
擬似連続モード 0.1 ps 0.2 ps
2次PMD範囲 2000 ps2 8100 ps2
PMD変更時間 最短 1ms
SOPアライメント精度 ※2 ± 2°
SOPトラッキング速度 10 π/s
DOP精度 ※2 ± 2%
入力可能光パワー 300 mW (最小値)
使用温度範囲 10 to 50 ℃
保管温度範囲 -20℃ to 60℃
接続インタフェース USB, RS-232, Ethernet, GPIB
フロントパネルディスプレイ 20文字×2列 LCD
電源 100~240 VAC, 50~60 Hz
寸法 2U, 3/4 19インチラック幅, 14″ (L) x 14″ (W) x 3.5″ (H)

※1 標準 C-band
※2 23 ± 5°C での値<

TOPに戻る