プラグ&プレイ イオンジェネレータ“KAIO”

SourceLAB

レーザーイオン生成及びプラズマ相互作用のためのレーザーモニタ・評価。TNSAベースのパワフルツール。EProton = 4 – 5 MeV (cut-off)

レーザーイオン生成及びプラズマ相互作用のためのレーザーモニタ・評価を行うパワフルツール
  • EProton = 4 – 5 MeV (cut-off)
  • 超小型 自動化システム
  • レーザーリファレンス機能
  • コントラスト, 拡がり角, 幅をコントロール
  • 教育・トレーニングにも好適

高強度レーザーパルスとプラズマとの相互作用には、パルス特性の適合性の評価が重要ですが、既存の手法や計測デバイスには限界があり、精度などが不十分です。
SourceLAB社の「KAIO」は、TNSA陽子を用いて、プラズマとの相互作用に関するパルスの適合性と、必要な改善について、明確で定量的な指標を与える新しい高機能デバイスです。薄膜上におけるTNSA (target normal sheath acceleration) は、レーザー強度(すなわちエネルギー、パルス幅、ビームウェスト、コントラスト比)に対して非常にセンシティブです。そのためTNSAによる陽子加速は、プラズマとの相互作用についてレーザーを評価するのに非常に有効な技術の一つです。

またKAIOはユニークなレーザー駆動イオン加速装置を兼ね、プロトンビームを加速するレーザーイオン源です。


補正済みイオンスペクトル例, SL-KAIO (C+: blue, Proton: green) 使用

  • 陽子線ラジオグラフィ
  • 粒子線励起X線分析 (PIXE)
  • 生物学的線量測定
Detailed specifications
Dimensions 274 x 440 x 330 mm3 (H x L x l)
Mass ~30kg
Input feedthrough ISO-KF 50
Repetition Rate Up to 1 Hz
Proton cutoff energy Max 5 MeV @1J laser energy
Proton number ~109 cumulated over the spectrum
Foil material/thickness Typ. Al, Ti, Ni / from 0.4 to 10s of micron
Trigger Yes (TTL signal from laser master clock)
Autonomy 200 shots (more on request)
Turnover time 20 min
Vacuum turbo pump Supplied in the core offer (10-5 mbar nominal)
Detector module Thompson parabola (E + B field) coupled with MCP chevron Injector pinhole : from 100µm diameter, 1mm thick
Requirements
Laser pulse duration Typ. femtosecond duration range (λ0 ~700nm – 1000nm)
Laser energy From 100mJ to 1J after compressor
Laser aperture < 47 nm
Radiation safety Radio-protected encloser (bunker) for particle shielding
TOPに戻る