チューナブル OPOレーザー“C-WAVE シリーズ”

HÜBNER

光パラメトリック発振器(OPO)での 波長可変CWレーザー光源。可視光から近赤外の波長領域と広範囲で調整可能。コンピュータでの制御で自動波長調整。
【NEW!】可視域での波長可変域をさらに拡大したC-WAVE GTR発売(2021年5月)

NEW!

可視域でのチューナブル域を拡大したC-WAVE GTR発売(2021年5月)

500-760 nm範囲をギャップ無しに波長チューニング可能。最大出力パワー 1W。
さらに赤外も広い波長域をカバーします:1000-1500 nm(最大1.5W)、1700-3500 nm(最大2W)
 
詳細はこちら

 

広範囲な波長可変を実現するCWレーザー光源

C-WAVEチューナブルレーザーは、光パラメトリック発振器(OPO)の技術を応用した、広帯域のCW単周波レーザー光源です。可視光から近赤外の波長領域において、コンピュータ制御による発光調整が可能です。
 

  • 広く調整可能なVIS&NIR
  • VIS&IRで最大1 W、NIRで最大2Wの出力
  • CW、単一周波数、<1MHz線幅
  • 最大40GHzモードホップフリーチューニング
  • C-WAVE向け周波数安定器 AbsoluteLambd™は、最大2MHzと高精度で自動周波数制御が可能です。
  • 消耗品はチラーの水交換のみ
  • コンピューター制御・自動チューニング

アプリケーション

  • ナノフォトニクス
  • 高分解能分光法
  • ホログラフィー
  • ラマン分光法
  • 量子技術
C-WAVEモデル 波長可変範囲 出力
C-WAVE VIS Low Power
  • 450~525 nm
  • 540~650 nm
  • 900~1050 nm
  • 1080~1300 nm
  • 最大200mW
  • 最大200mW
  • 最大400mW
  • 最大400mW
C-WAVE VIS High Power
  • 450~525 nm
  • 540~650 nm
  • 900~1050 nm
  • 1080~1300 nm
  • 最大500mW
  • 最大500mW
  • 最大1W
  • 最大1W
NEW! C-WAVE GTR
  • 500~750 nm
  • 1000~1500 nm
  • 1700~3500 nm
  • 最大1W
  • 最大1.5W
  • 最大2W
C-WAVE IR Low Power
  • 900~1050 nm
  • 1080~1300 nm
  • 最大400mW
  • 最大400mW
C-WAVE IR High Power
  • 900~1050 nm
  • 1080~1300 nm
  • 最大1W
  • 最大1W
C-WAVE NIR
  • 1000~1500 nm
  • 1700~3500 nm
  • 最大1.5W
  • 最大2W
TOPに戻る