差分フォトディテクタ “BPD-003” 【General Photonics】

General Photonics

OCTやセンシングのSN比を改善するためには、高性能なバランスフォトレシーバが必要です。
BPD-003は最大300MHzまでの帯域に対応します。OEM用に特別設計された低価格、小型、高性能な製品です。

OCT/センシング用に特別設計されたOEM用バランスディテクタ
  • 低ノイズ
  • 優れたコモンモードノイズ除去性能
  • 高ゲイン
  • 広帯域に対応
  • コンパクト
  • 最大 300MHz までの高帯域に対応

BPD-003 バランスフォトディテクタはOCTやセンシング用に特別設計されたOEM向け製品です。
2つの入力ファイバはバランスされたフォトディテクタと接続アライメントされています。超低ノイズのトランスインピーダンスアンプと統合されることで低ノイズ性能と強化されたコモンモードノイズ低減を実現します。
最大300MHzまでの帯域幅と高いコンバージョンゲインにより、BPD-003はOCTやファイバセンシング向けの高性能測定システムへの組み込みに適しています。

OCT 光断層干渉法

ファイバセンシング

フォトディテクタタイプ InGaAs
波長範囲 1060nm, 1310nm, or 1550nm +/-50nm
フォトディテクタ感度 >0.8 mA/mW @1550nm
>0.7 mA/mW @1310nm
>0.5 mA/mW @1060nm
偏光依存損失(PDL) <0.2 dB
リターンロス 45dB
最大入力パワー 10 mW
ピッグテール長 0.75m
ファイバータイプ SMF-28 for 1310 or 1550nm
Hi1060 for 1060nm
RF出力帯域幅(3dB) DC-300MHz DC to 200MHz
変換ゲイン > 16 x 103mV/mW @ 1550nm
> 14 x 103mV/mW @ 1310nm
> 10 x 103mV/mW @ 1060nm
>80 x 103mV/mW @ 1550nm
> 70 x 103mV/mW @ 1310nm
> 50 x 103mV/mW @ 1060nm
CW バランス飽和入力パワー 7.2μW @ 1550nm
8.4μW @ 1310nm
11.6μW @ 1060nm
36μW @ 1550nm
42μW @ 1310nm
58μW @ 1060nm
コモンモード低減比 >35 dB (DC to 40MHz)
>15 dB (40 to 300MHz)
>35 dB (DC to 40MHz)
>15 dB (40 to 200MHz)
TOPに戻る