極高真空窓VX型

藤アイデック

アウトガス極少で超高真空領域までの立ち上げが短時間で可。熱歪みのない窓材で、透過光(レーザー)の偏光・歪み・散乱を抑制した高精度測定を実現。加速器関連など高精度透過を必要とする全ての実験・開発用の真空窓に。

アウトガス極少で超高真空領域までの立ち上げが短時間で可。透過光(レーザー)の偏光・歪み・散乱を抑制した高精度測定を実現

  • 超大有効径: φ440mm以上も可
  • アウトガス極少
  • 高面精度(特殊仕様)製作可
  • 全面均一 ARコート
  • 磁場及び放射線環境で最適使用可
  • 耐圧構造
  • 耐衝撃性 XYZ/15G/3000cycle
  • フランジ材質 標準:SUS304L / 特注:SUS316L及びTi等

 

藤アイデックの超高真空窓は、日本・米国・EU・ロシア・韓国・中国・インドの7極で推進中の国際熱核融合実験炉(ITER)のレーザー導入及び計測用真空窓として、また加速器関連は勿論、高精度透過を必要とする全ての実験・開発用の真空窓として、(独)日本原子力研究開発機構と藤アイデックの協同開発品です。(特許取得済)

 

超大有効径

  • φ440mm以上も可。逆圧使用可。しかもベーク可。但し、場合により強制冷却構造にすることがあります。
    窓材再研磨、交換(藤アイデック実施)可。ランニングコストが大幅安価となります。

 

アウトガス極少

  • 超高真空領域までの立ち上げが短時間で可

 

高精度

  • 窓材に熱歪みがありませんので透過光(レーザー)に偏光・ゆがみ・散乱の無い窓材本来の透過が得られます。
  • 高面精度(特殊仕様)も製作可。勿論、真空引き状態で精度維持可能構造。但し、窓材種や有効径により制限される場合があります。(有効径全域でλ/10の実績があります。λ/20も可能構造です。)

 

高性能

  • ARコート:有効径全域で、むらや濃淡の無い全面均一コートです。
  • 高蒸気圧金属のZnを多量に含んだロー接剤を不使用の為、Znの昇華によて真空容器内を汚染したり、窓面が曇ることがありません。

 

高機能

  • 強磁性金属・強放射化金属のコバール金属不使用の為、磁場及び放射線環境で最適使用可。
  • 耐圧構造:内圧が上昇してもリークが発生したり窓材が外れることがありません。

 

耐衝撃性

  • XYZ/15G/3000cycle 合格(日本原子力研究所の試験結果)

 

検査成績書及び保証書提出

  • その他:両面ウェッジ付・凹凸レンズ付・両側エッジ付・特殊フランジ等々。
  • 窓材種:制限される場合があります

加速器関連など高精度透過を必要とする全ての実験・開発用の真空窓

型名 D A
VX114 114 (48)
VX152 152 (74)
VX203 203 (100)
VX253 253 (160)
VX305 305 (200)
VX356 356 (220)
VX406 406 (250)
VX506 506 (350)
VX606 606 (440)

※Heリーク量<1×10-10Pam3/sec(実績として<2.0×10-12Pam3/sec)ベーク<200℃ 但し、窓材種・フランジ寸法等により異なる場合があります。

※有効径・窓厚さ及びフランジ厚さ等は御打ち合わせにて決定。

※製品の定格及び仕様は改善のため、予告なく変更することがあります。

TOPに戻る