PerovskiteのPiFMイメージング

Molecular Vista

hyPIRイメージング機能により走査範囲中全点のスペクトルを含んだデータを取得できます。

ペロブスカイト太陽電池材料を各ピクセルがPiFMスペクトルで構成されているhyPIRモードで撮影しました。hyPIRは、未知のサンプルの化学的特性を把握するための強力なイメージングモードです。下のビデオは、hyPIRイメージング上でディスプレイの波数が変更されたときにユーザーが見ている画面のキャプチャです。これにより、ユーザーはサンプルの化学的特性について簡単に理解でき、追加のイメージングが必要かどうかを判断できます。
 

 
この128×128ピクセルのhyPIRイメージングでは、複数の波数で異なる相を示しています。下の図では、3つの異なる領域(左端の画像)からのスペクトルが平均化され、それらの領域に関連したスペクトルが表示されています。(表A)ユーザーが定義したラインに沿って一連のスペクトルを表示することで、相の境界面を越えた化学変化を調べることができます。これは、任意の数のスペクトル表示が可能です。この例では7つのスペクトルが対応する色で表示されています。(表B)
 

 
化学物質の情報をトポグラフィーや弾性の情報と相関させるため、トポグラフィーと位相の画像をhyPIRイメージングと一緒に収集します。3Dトポグラフィーイメージングの上に合成されたケミカルマップを重ね合わせることで、データをより見やすくすることができます。
 

TOPに戻る