MoS2のPiFMイメージング

Molecular Vista

可視光を用いたPiFMにより、MoS2の層の数に対応したPiFMイメージングを高い分解能で実現します。

MoS2の層は、フォトルミネッセンスまたはラマン分光法によって識別できます。どちらも遠視野光学の回折限界に悩まされています。ここでは、可視光-PiFMが、例外的なPiFM信号だけでなく、層の数も例外的な感度と空間分解能で検出できることを示します。以下のサンプルは、石英基板に転写された剥離MoS2フィルムです。PiFM測定は、488 nmの励起波長で実行されました。
 

 

 

 
このスケールでさえ、PiFM画像はその優れたSNRを維持しますが、トポグラフィーは剥離のために非常に乱雑です。フレークの平均信号の差は、バックグラウンドの平均信号よりも0.15 mV高く、これは、ほとんどの場合、フレークが周囲の領域より1層厚いことを示しています。PiFM画像のホットスポットは、MoS2の欠陥に関連していると想定されます。
 

TOPに戻る