【応用例】ダイレクト・ダイオード・レーザーによる鋼の切断加工

II-VI DIRECTPHOTONICS

軟鋼とステンレス鋼の切断加工について、500 W ダイレクト・ダイオード・レーザーと、1.5 kW ファイバレーザーを比較

軟鋼とステンレス鋼の切断加工について、500 W ダイレクト・ダイオード・レーザーと、1.5 kW ファイバレーザーを比較

 

本アプリケーションノートは、500 W DirectProcess 900 ダイレクト・ダイオード・レーザーによるステンレス鋼板と軟鋼板の切削加工について、現在広く流通しているファイバレーザーと速度及び品質を比較したものです。

DirectProcess 900 は、軟鋼・ステンレス鋼いずれでも、一般的なファイバレーザーと全く同等の高速切削を達成しました。切断の品質については、1.5 kW 検査用ファイバレーザーに比べて、500 W DirectProcess 900 では切断面に若干の粗さが見られたものの、軟鋼のエッジ角精度においてはファイバレーザーを上回りました。これらの結果は、このような切断用途において、ダイレクト・ダイオード・レーザーがファイバレーザーの十分な代替になることを示すものです。さらにダイレクト・ダイオード・レーザーは、コンパクト、高効率、高い操作性、簡便なメンテナンスといった優れた特長を備えています。

 

セットアップ

 

DirectProcess 900セットアップ 軟鋼 ステンレス鋼
出力パワー, ファイバ結合 500 W
伝送ファイバ・コア径 200 μm
コリメータ f = 100 mm
切断レンズ (平凸) f = 160 mm f = 125 mm
焦点サイズ 320 μm 250 μm
サンプル厚み 0.9 – 6.4 mm 0.6 – 3.4 mm
アシスト・ガス 酸素 窒素

 

いずれのファイバレーザー・セットアップでも 500 W、1.5 kW で発振。200 μm 伝送ファイバ、f = 100 mm コリメータ、f = 160 mm 集光レンズを併用。

 

切断速度の結果比較

 

軟鋼:サンプル厚みvs.切断速度 ステンレス鋼:サンプル厚みvs.切断速度

切断加工品質の比較

 

軟鋼切断:エッジ角度特性 軟鋼切断:表面粗さ
ステンレス鋼切断:エッジ角度特性 ステンレス鋼切断:表面粗さ

 

TOPに戻る