モーション分析・精度評価アプリケーション

attocube systems

attocube社製レーザー干渉式変位センサを用いて、微小振動やオーバーシュートの振幅や周波数を検出、製造や品質のプロセスを最適化。

生産機械や工作機械の動きを最適化するためには、高速で動く可動部品や機械軸の正確な位置の把握が必要です。これはピック&プレース用途のような高速で稼働する機械はもちろん、プリント回路基板(PCB)の製造および品質管理のための一般的な機械にとっても重要です。

attocube(アトキューブ)社の 干渉式変位センサ は、非常に小さい振動やオーバーシュートについて、その振幅と周波数を検出します。この情報は、振動の減衰を把握し、製造や品質のプロセスを最適化するのに不可欠です。

CNC旋盤のような他の工作機械でも、干渉式変位センサは高速回転スピンドルの周波数や振れを検出できます。ブリッジでの変位しか測定できない座標測定器におけるガラススケールとは対照的に、レーザー干渉式変位センサは、タッチプローブ自体に焦点を合わせて機械のエラーモーションを検出することができます。オフィシャルな仕様を定義するために、機械メーカーはさまざまな外部条件に基づいて、許容範囲を定義する必要があります。このような仕様測定には、幾何学的誤差、位置決め誤差、および熱的誤差の決定が含まれます。静的位置の値に加えて、動作中の動的位置の値も確認する必要があります。工作機械、測定器、または精密測定センターの製造精度や測定精度を規定するため、機械自体よりも確度が1桁高い attocube(アトキューブ)社の IDS3010 が、基準デバイスとして使用されています。

TOPに戻る