インフラ設備アプリケーション

attocube systems

attcube社の製品のシンクロトロン・粒子加速器のコンポーネントとしての活用

大規模な散乱光を作り出すインフラストラクチャーは、実験のため放射光をビームラインとエンドステーションに送る重要な役割を果たしています。
ユーザー様のナノレベルでの位置決めの精密さと空間的分解能へのニーズは、機器設備からビームラインに至る時間的分解能へのニーズと同様に増してきています。特にインフラ設備内での光学的な動きで必要とされるのは、高度な再現性と、測定に影響を与えない非接触測定でのセットアップの安定性です。attocubeのIDSレーザー干渉式変位センサはin-situ位置分析とコンポーネントの安定性ために非接触での変位測定・振動測定が可能です。

TOPに戻る