振動測定アプリケーション

attocube systems

attocube社レーザー干渉式変位センサによる多軸振動分析

工作機械内部の軸ような回転部品での振れは多軸振動を発生させます。これらのぐらつきは不正確な動作と位置決めをまねき、製造や加工の精度を損ない、品質の低下と部品の早期の摩損をもたらします。工作機械の最適化のため、非接触レーザー干渉式センサで振幅と周波数を測定します。得られた振動測定の位置データはアクティブ振動補正に使用されて製造品質を向上させることができます。高帯域幅のレーザー干渉式センサ IDS3010は最大MHz周波数と振動による大きな振幅が計測可能です。小センサヘッドで非接触測定であるため、直にさまざまな測定を行うことができます。これによりベアリング、エンジン、ギア、軸などの工作機械のコンポーネンツへ機器構成、属性、製造プロセスに関する明確な情報を与えることができます。レーザー振動分析は定義付けたベンチマークでの振動の振舞の比較することで、非接触・非破壊検査での損傷部の特定、コンポーネンツの吻合緩み、バランス不均衡の検出に用いることができます。レーザー干渉式変位センサはインライン検査にとってまさに申し分のない機器なっております。

TOPに戻る